ピアノを作ろう!10分の1で

アクセスカウンタ

zoom RSS 自作塗装ブース

<<   作成日時 : 2010/02/02 16:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 8

さて、まずはデカールがその後どうなったのかですが、私の使っている自作デカールではうまくいかなかったので、「架空飛行機工場」のブログ主ジュンチーさんの使っている自作デカールを使って試してみました。

が、しかし残念ながら失敗いたしました(泣)
う〜む・・・、何が原因なのだろう?

きれいには剥がれないで、点々と剥がれる感じです。
残念。
ジュンチーさんがいとも簡単に成功しているので、当然こっちも成功するものと思っていただけに、残念です。
原因はわかりません。
もしかしたら、たまたまうまくいかなかっただけかも知れませんが、いろいろ先に進みたい部分もあるので、探求はまた今度にしたいと思います。

さて、モデラーのみなさんは塗装ブースどうしてますでしょうか?
私は、タミヤの「スプレーワークス」というのを使ってきました。
画像

しかし、かなり吸い込みが弱く、缶スプレーなんかを吹くと、吸い込みきれず部屋の中ににおいが充満して、さらに廊下のほうまでにおいが流れて、使えないブースでした。
でも、1万数千円も出して買ったので、我慢して使っていました。
しかし、この冬がとても寒くて、窓を少しでも開けていたらかなり部屋が冷えてくるので、塗装ブースを自作しちゃおうかと昨日思い立ったのでした^^;

インターネットで検索をかけると、かなり自作している人が多いらしく、結構ヒットします。
塗装ブースには押し出し型と吸い込み型という2種類のタイプがあって、それぞれ一長一短があります。
押し出し型はブースにファンが着いていて、ファンで吸い込んだ粉塵などをダクトを通して窓の外へと排気するものです。
このタイプは、ファンがいくら強力でも、ダクトの径が小さいと外へ排気しきれず吹き返しすることもあるんだそうです。

こんな感じですね。
画像



で、吸い込み型というのは、ブースにはファンをつけずに、ダクトだけつけます。
ダクトの先にファンをつけて外に排出する仕組みです。
画像


押し出し型はブースにファンを取り付けるため、ちょっとスペースをとります。
吸い込み型は、ファンを窓などに固定するための工作が必要ですね。
どっちがいいかというと、吹き返しのことを考えると吸い込み式がいいかなと。
窓の高さも120cmなので、板ではめ込むにしても、それほど大ごとではないかなと思われます。

ネットで調べるとみなさんダンボールか、衣装ボックス(ポリプロピレン製)を使ってますね。
衣装ボックスは透明なので採光のことを考えると有利かなと思います。
したがって衣装ボックスに決定。
じゃ〜ん。
ホームセンターで500円^^
画像

向こうに見えているのは、アルミダクト径15cmの1.5m、約1000円です。
接続用のパーツも買いました。これは890円くらいだったと。
画像

写真ではもうすでにボックスの底に穴が開いてますね。
直径15cmの円です。
サークルカッターがないので、ドリルで円に沿ってたくさん穴あけて、何とかくり抜きました。

この円に接続用パーツを差し込みます。
画像

おお、いい感じ^^
まてよ、差し込んでから、思い出した。
手前側の出っ張ってる部分はいらないので、カットしなくては^^;
差し込んだままでは作業しづらいので、またはずします・・・。

ちょっと割れちゃった(泣)
画像


このパーツをのこぎりで切ります!
おりゃ〜!!
画像

で、改めて差し込んでみます。
画像

いいじゃないですか^^

そして、新たなツールが登場!
画像

ホットボンドですね〜。
前々から気になっていたツールです。
これで、ボックスとパーツをくっつけます。
エアもれをふせぐいみもあります。
画像

とても簡単に使えてグッドです。
このホットボンドは、プラモデルの中に電飾を仕込む際に、配線をまとめて留めるために使うことも出来ますね。

画像

画像

ダクトを挿してみました。
おおよそこんな感じになります。

あとは、窓側の工作ですね。
これはまだ作っていないので、この次にでも。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
 おはよーです!
 この記事の感想はらんぞーさんの
 お宅が見れた・・みたいなノリあるね!
 ダクトって何?部屋にあるのぉ?
 最後の画像印象的ですよぉ♪
 作業今の部分ややこしいみたいですね
 頑張ってねぇー!らんぞーさんのお家
 大きいねぇー高級マンションやわ!って
 思った私どすぇー
こむたみ
2010/02/03 06:16
↑ホント、いい部屋。
塗装ブース、いいなぁぁ。。
ホットボンドを使えばいいんだぁ。。
あぁぁそーいえば、どろぼうひげさんも配線止めに使ってましたね。
参考にさせていただきます。

前記事のところにもコメしたんですが、塗装を乾燥させてからでも、剥がれませんか?
半乾きだと、剥がれないんです。

となみに、Mr.COLOR を使用しました。
ジュンチー
2010/02/03 12:52
>こむたみさん
ダクトは画像にある銀色のぶっといホースです。
窓を半分開けてそこに換気扇付きの板をはめこむ形にして(後付のエアコンみたいなイメージ?)、換気扇にこのダクトの先を何とかつけるんです。
最後の画像のカーテンに刺さっているように見える部分ですね。

35年ローンですよ〜^^;
4年前に買ったんです。
頭金もないのに(汗)←無謀
70歳過ぎまで払っていかなければ・・・。
一番安くて狭いタイプの部屋だったので、それほど広くはないと思いますが、どうなんでしょう?
写真だから広く見えるんじゃないかな。
高級マンションではないです^^;残念ながら(笑)
ただ、タバコ吸わないので、壁は白いままですよ。いまだに^^
らんぞー
2010/02/03 13:35
>チュンチーさん
スプレー使うと本当に匂いがひどくて・・・。
最近は、窓全開にして窓の上のほうでスプレー吹いてます^^;
窓の下のほうは、外から寒気が入ってきますが、上のほうは部屋の暖かい空気が外へ流れるので。
しかし、北海道の冬はそうそう窓を全開になんてしてられませんから^^;
それで、作ってみるか!と(笑)

ホットボンドは私もどろぼうひげさんのブログでみて「へぇ〜、こういうものがあるんだ」って覚えていたので^^
強度はどれくらいあるかわかりませんけどね〜。

なるほど、乾燥の度合いがまだだったのかも?
ドライヤー作戦でもう一度チャレンジしてみるかなぁ。
情報ありがとうございます^^
らんぞー
2010/02/03 13:44
ピアノ作りも何ですが、こちらのダクトの方もまるで
日曜大工みたいで楽しそうですね〜。

塗装のスプレー関係ってあの匂いが何とも言えなくて、
私は特にシンナー系が駄目です。
それもマンションじゃあ余計匂いがこもるしね・・・
私も以前撒き餌をするふかせ釣りに凝ってて、撒き餌を
いれたバッカンを始め全てが臭くなって困ってました。
ウチもマンションなので、こんな時は一軒家、それも
倉庫みたいなのが欲しくなります。
kan
2010/02/03 16:23
らんぞーさん、こんばんは。
ピアノ作りということでのぞきに来ましたが、
なんと!ダクト!とは。
びっくりです。すごい。。。です。
たかじい
2010/02/03 23:49
>kanさん
うん、うん。
ほしいですね、倉庫。
冬は無理だけど、庭で日曜大工なんかやってみたいですね〜^^
マンションは管理が楽ですけど、そういうところはやはり一軒家ですよね。

シンナー系はいつまでも残りますから、苦手な人はつらいですね。
それこそ、外でやらないと匂いはすぐにはなくならないです。
暖かければ、北側と南側の窓を全開にしておけば、風が通って比較的匂いは消えますけど、ひとつの窓だとなかなか消えません。
まぁ、それが今回の自作ブース作る理由ですね〜^^
はたして上手くいきますか・・・(笑)
らんぞー
2010/02/04 00:30
>たかじいさん
ご訪問ありがとうございます^^
なんか、空調設備みたいになってます(笑)
見切り発車で作り始めたので、さてこの後どうするんだっけ?見たいな感じで、時々悩んでます^^;
完成までもうちょっとかかりそうです。
らんぞー
2010/02/04 00:33

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Steinwayピアノ
完成動画です\(^o^)/ 記事へのリンクはこちら

なんと、おすすめブログに
掲載していただきました
自作塗装ブース ピアノを作ろう!10分の1で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる