ピアノを作ろう!10分の1で

アクセスカウンタ

zoom RSS 鍵盤フタふたたび

<<   作成日時 : 2010/02/20 18:21   >>

驚いた ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 12

ちょっと間が空いてしまいましたね;

失敗しまくっていた鍵盤フタの黒塗装が完了しました。
そして、問題のデカール貼りです。
今回は、いつも使っているガイアノーツ製ではなく、A−ONE製の透明タイプのデカールを使おうと思います。
文字の部分は色なしで、周りを黒で印刷します。
画像

下半分の字が白いでしょう?
台紙の色が透けて見えてるんですね。
小さい方を使います。

文字の色はというと、鍵盤フタに文字の色(ゴールド)を先に吹いちゃいます。
で、その上からデカールを貼ります。
うまくいけば、文字はゴールドになります。
白いデカールだと、プリンターのインクなのでゴールドはできません。
せいぜい、濃い黄色でしょう。
ボディ側面のデカールがそうです。
それなりに、リアルに見えるんですけどね^^

デカールの長方形よりややサイズの小さな長方形のマスキングを施します。
画像

コピー用紙を切り抜いて全体を隠します。
画像

で、包んじゃいます。
画像

さて、なるべく塗装の段差を作りたくないので、マスキングのキワに塗装がたくさん付かないようにしなくてはなりません。
エアーブラシの弱吹き細吹きを練習しなくちゃ^^;
少し塗装を薄めてエアーの圧をぎりぎり弱くします。
画像

練習風景は撮ってませんが、距離感とレバーの引き具合がわかったところで、実際に吹きます。
私の使っているエアーブラシです。
画像

どうしても、マスキングのキワには塗装は乗ってしまいますが、必要最小限にとどめます。
画像

マスキングを外しましょう^^
画像

念のため、1日以上乾燥させます。
デカールがゴールド塗装にきちんとくっつけばいいんですけどね〜^^;

しかし、毎回思うんですけど、いらないプラ板かなんかで実験したらいいのにね〜(笑)
もし失敗したら、また塗装剥しから始めないとならないってのに・・・。
それはそれで、いい教訓になるんですけどね。

さてさて、塗装ブースですけど作業台の上においてあるだけですので、ちょっと不安定です。
作業台にさらにコンパネをくっつけて、広くしちゃいました。
画像

単純に、コンパね載せて木ねじで4箇所固定です。
広くなりましたね〜^^
正面の壁に塗装がつくのを防ぐため、かべにビニールシートを貼ります。
画鋲止めです。
画像

それではブースを載せてみます。
画像

ブースも、下の板に固定しようと思っていたんですけど、意外とこのままでもいいかも^^
安定しているので。
しばらく使ってみて、もし問題があれば固定しちゃいましょう^^

窓枠側についているナナメの木材は右手でもってはめ込むための取手です。
あとは、落下防止のワイヤーをどこかに取り付けて完成です。
まぁ、外に落っこちることはないと思いますけどね、一応念のため。
左手用のとっても作ろうと思って、材料は切ってあるんですけど(台の左手前の木片)、長い木ねじがなくてつけてません。
握りやすいように少し削らなきゃならないし。
なくても良いと言えば良いんですけどね^^;

次回はデカールがどうなったか、ご報告できるんじゃないかと思います^^;
たぶん・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
驚いた 驚いた
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
事前に練習…って、同感!
いつも、ぶっつけで、たまに後悔します…大抵それでもうまくいくような、失敗できない緊張感が成功へ導く!?…とか

ちょっと質問です、ヤマハのピアノじゃないのは、やはりデザインとかなんでしょうか?
また、以前にほかの楽器を作られたりとか!?

駄問ですが、よろしくお願いいたします!
MACK
2010/02/20 23:23
>MACKさん
うん、うん。
大体は上手くいくことが多いですw
というか、何とかなっていると言うのが正確かな?(笑)

やはり、スタインウェイの方が高級というか、メジャーというか、どっち作る?と聞かれたら、う〜ん、スタインウェイかな?っていう感じでしょうか?

作り始めた頃は、ヤマハもスタインウェイも、ロゴがなけりゃすぐには見分けがつきませんでした。
だから、デザインではないと思います(笑)
でも、あえてヤマハも作ると言うのも、ありかもですね〜。
微妙に違うので、なんていうんでしょう・・・玄人受け?しそうな気がしますね〜^^
特に、ヤマハの調律師さんには受けるでしょうね。
まあ、その前にスタインウェイ完成させろよと言うことですね(笑)
楽器はこのピアノが初めてです。
もし、他の楽器を作るとしたら、なんでしょうね〜。
ハープかな?
やはり、他の人が作らないようなのがいいですね〜^^
マリンバなんかいいかも(笑)
らんぞー
2010/02/21 00:14
連コメ失礼します!

お返事ありがとうございました!

じつは今、ブログの最初からを読ませていただきました

もう3年以上作られているんですね!!

しかも、手元には残らない 、贈り物… 言葉が出ません

頑張ってください!(もう頑張ってますって自分で突っ込み…)

MACK
2010/02/21 00:30
>MACKさん
えぇ〜?最初から読んでいただけたんですか〜?!
ありがとうございます〜^^
恐縮です〜(>_<)

最初は軽い気持ちで始めたんですよ^^
お礼にって。
で、ちょっとハマってしまいまして、今に至ってます(笑)
頑張ります^^
まだ、頑張りが足りないと思っております^^;
らんぞー
2010/02/21 00:44
こんばんは
らんぞーさんエライ器具?持ってはって
お部屋が凄い状態になってきてて
ビックリしたぁ〜〜!私は全く無知な世界
で、わからないけどピアノ制作に
凄い想いがある事は伝わります!
頑張ってね♥
こむたみ
2010/02/21 01:14
>こむたみさん
こんばんは^^
うん、部屋がすごいことになっています、確かに^^
こむたみさんの書道も、私にしてみればすごいなぁ!の一言ですよ〜^^
自分には書けないですから。
あこがれますよ、毛筆できる人に。
子供のころ習字習いに行っておけばよかった^^;
公文は習ってましたけどね。算数ですけど。
中学の時、連立方程式のテストで、5分くらいで解いてぼ〜っとしてたら、数学の先生が「おい、なんでやらないんだ?!」って言うから、「もう、終わりましたけど」って言ったら「えぇ〜っ!?」って驚いてたなぁ^^
それくらい、公文式は効きますぜ〜(笑)
あれ、何の話だったっけ?
らんぞー
2010/02/21 01:28
おはよー♪
朝イチから
ご自慢有難うデス(笑)
はいぃー子供もその昔通わせて
頂きました。大変イイ先生でお世話に
なり、根性ができましたよぉー
なんせ、出来るまで帰れない仕組み
なんでね(笑)今の二人がいますよ(笑)
こむたみ
2010/02/21 06:30
いつも楽しみにしています。このロゴをどうするのかも楽しみでした。本物は真鍮でできたロゴを貼り付け、その後、塗装の研磨でロゴ部分を出していきます。小さいから無理なんですよね。お察しします。
高木ピアノ
2010/02/23 18:48
練習アリのブースの慣熟訓練アリと、納得のいく物を作ってゆく過程には欠かせないですね。
一発勝負の後妥協の私には、とてもマネできません。
こだわりの世界です。
ひるま
2010/02/23 23:15
>こむたみさん
なんと、お子さん二人とも公文でしたか〜^^
算数ですか?
最近は習字もあるようですね。
算数は、さすがにそろばんやってる子にはかなわなかったけど、それでもかなり暗算はいい線いってましたよ。
そうそう、100点になるまで、帰れないんだよね〜^^;
来る時間はみんなそれぞれで、来たらテキストをもらって(5枚だったかな?)、できたら先生のところ持っていって、全部100点になったら帰るっていう、今考えたらへんな塾だよね〜^^
らんぞー
2010/02/24 03:38
>高木ピアノさん

ロゴに関しては、どうしようか結構悩みましたね。
なんとか、文字だけ切り抜けないかとか。
文字だけ切ることができたら、別にクリアで段差なくす必要はないんですよね〜。
小さすぎて、文字だけ切り抜くことは無理でしょうね。
らんぞー
2010/02/24 03:43
>ひるまさん
いえいえ、私もすぐ一発勝負に走りますよ〜^^;
で、うまくいかなくて、何とかごまかそうとして、かえって悪くなって、もう一回最初からやり直す・・・と(笑)
らんぞー
2010/02/24 03:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Steinwayピアノ
完成動画です\(^o^)/ 記事へのリンクはこちら

なんと、おすすめブログに
掲載していただきました
鍵盤フタふたたび ピアノを作ろう!10分の1で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる