ピアノを作ろう!10分の1で

アクセスカウンタ

zoom RSS 鍵盤フタのデカールその後・・・。

<<   作成日時 : 2010/03/15 01:59   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 6

おひさしぶりです。
鍵盤フタのデカールがどうなったか?
実は、まだできてません。
デカールを乾燥させた後、クリアを2度ほど吹きました。
クリアを吹くたびに、2〜3日乾燥していたので、今回削りを入れます。
まずは、クリアを吹いた状態のフタです。
画像

画像

下地のゴールドがいい感じです。
でこぼこが出来てます。
これはデカールのしわというか、台紙からデカールをはがすときにちょっとめくれたというか、ヘタクソというか、そういうのがクリアを吹いても残りますので、これを1200番くらいのペーパーで削っていきます。
デカールの段差もなくしていきます。
画像

ちょっと下地が見えてしまったので、レタッチしました・・・(泣)

反対側もペーパーで平らにします。
画像

このあと、一度コンパウンドで艶出ししたあと、レタッチした部分をごまかすために、もう一度クリアを吹きます。
これは、また今度^^;

さて、これはレジンを使うモデラーには常識なのかもしれませんが、ひとつ学んだことがありました。
プラ板やプラ棒とレジンを広い面積で接着するとレジンの収縮により、反ってしまうと言うことです。
わかりやすく言うと、例えば10cm×10cmのプラ板に同じ広さのレジンをベタッと瞬間接着剤で接着すると、レジンのシンナー成分というか、なんと言うかわかりませんが、それが揮発してやせていきます。
ところが、市販のプラ板は収縮しないため、サイズはかわりません。
それで、本体自体が反ってしまうと言うわけです。
そもそも、原型のサイズを間違えてしまったため、その原型からできたレジンを、プラ板などで補おうとしたのが間違いでした。
と言うわけで、作り直したパーツが数点あったりしたため、なかなか進展しませんでした^^;
・・・と、更新が遅れた言い訳を書いておきます(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
文字、小さいのにクッキリといい感じですね〜

クリア砥ぎだし、たいへんですね、頑張ってください!

レジン、変形がくせ者ですよねー飛行機のレジンキットもたいがい反っています。直しても、また反るみたいで…
┐('〜`;)┌

また記事を楽しみにしてます!


MACK
2010/03/15 20:11
>MACKさん
ありがとうございます^^
本体のイエローのほうと比べると、やはりゴールドのほうが良い感じです^^
それと、ガイアノーツのより、A−ONEのほうが薄いのかなぁ?
段差がすぐに取れましたね。
ホワイトタイプと透明タイプの違いかもしれませんね。
レジンは変形しますね〜^^;
この鍵盤フタも実は反ってしまっていたんですよ。
100%レジンだったので、熱湯に数秒つけてやわらかくした後、まっすぐに矯正した状態で冷水で冷やしたら何とか上手く直りました。
塗装した後しばらくたっているので、もう大丈夫だと思いますが。
放置してたら、反っていた!!ってのが、怖いですね〜。
らんぞー
2010/03/16 00:56
パーツ?だけ画像で見たら
そっくりってかテカリとか
凄いですねぇぇ!楽しみですぞ
こむたみ
2010/03/16 01:50
>こむたみさん
ありがとうございます^^
そろそろ、この鍵盤フタは完成させたいです^^;
もう、ずっと作りかけのままでしたので(泣)
らんぞー
2010/03/16 02:53
似たような話で、クロス(壁紙)を貼る前に、下地の合わせ目やネジ打ち後のヘコミを平らにするためにパテを盛りサンダーでヤスリがけします。
ところがパテは季節によって乾燥時間が異なり、“ヤセ”が発生します。
最悪、クロス貼りを済ませた後にヤセが発生して凸凹になるケースもあります。→手直し。
なかなか平らにしていくのは難しいものですね。
長々とスミマセン。
ひるま
2010/03/18 23:57
>ひるまさん
なるほど、内装の作業でもそういうことがあるんですね〜。
パテの硬化剤の分量を季節やその日の湿気なんかでうまく調整するのもプロの仕事なんでしょうね。
うちのマンションは、今のところクロスの凹凸はないようですよ^^
ネジ打ちのへこみも無いので、良い仕事しているようです。
らんぞー
2010/03/19 02:47

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Steinwayピアノ
完成動画です\(^o^)/ 記事へのリンクはこちら

なんと、おすすめブログに
掲載していただきました
鍵盤フタのデカールその後・・・。 ピアノを作ろう!10分の1で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる