ピアノを作ろう!10分の1で

アクセスカウンタ

zoom RSS ナットをつくるぞ

<<   作成日時 : 2010/05/31 21:46   >>

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 9

え〜、久しぶりの更新です。
ちょっと、仕事が大変だったので更新できませんでした。
今回は、ピアノのフレームをボディーに固定しているボルトのあたまになるのか、ナットになるのかちょっとわかりませんが、6角形の部品を作ります。
まずは、実物を見てもらったほうが早いかな・・・。
画像

全部で21個作ります。
約2mmですので、結構細かいです。

まず、六角形と言えば、六角レンチでしょう。
画像

六角レンチのサイズ表示は、六角形の対角線の長さですので、2.5mmのレンチを原型に使います。
レンチの型を取るのはシリコンではなくて、「型取りくん」です。
熱湯につけるとやわらかくなって、冷えると硬くなります。
これをレンチの周りに巻きつけて型を取ることにします。
なぜシリコンではないのかと言うと、小さくて個数が1個なのでシリコンだと大げさなのと、面倒くさいので。
画像

固まったら六角レンチを抜いてそこにエポキシパテを詰め込みます。
空気が逃げられなくなるので、反対側を切断してしまいます。
画像

画像

エポキシパテが固まったら抜き出してやります。
画像

画像

先端が丸くなっているので、ヤスリで削ってまるくします。
画像

適度な長さで切断して完成。
画像

画像

この作業を繰り返しながら、21個作ります。
こんな感じにくっつきます。
画像

画像

このあと、サフを吹いて銀色に塗ったら完成です。

さて、札幌もここ数日は快晴で暖かくなってきました。
夕日がきれいに見えました。
小樽方面に沈んで行きます。
あまりにもきれいだったので撮ってみました。
画像



ウェーブ・エポキシパテ(軽量タイプ)
Wave

ユーザレビュー:
エポキシパテ軽量 エ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る




新素材造形補修材 プラリペア 型取り用樹脂 K−55
武藤商事

ユーザレビュー:
型取りで工作が楽しく ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは!
らんぞーさんはそれら
部品・部分になるの自分で
コレがいいなぁ〜って発想
するん??凄いねぇー!
うん、夕日綺麗です♪
翌日は晴天やね!
こむたみ
2010/05/31 22:53
あのさぁ〜
私もお酒
便乗して当分辞める・・(笑
こむたみ
2010/05/31 22:54
>こむたみさん
正六角形はきっときれいには作れないと思うので、なんかいい方法はないかなぁと考えていたときに、六角レンチが頭に浮かんだんですね〜^^
まぁ、いかに楽に作るかということですw

今のところ、家ではほとんど飲んでませんです。
でも、飲み会なんかでは飲みますけどね。
一ヶ月に一度あるかないかですけど。
いつまで続くか(笑)←私がですよ。
こむたみさんもがんばってね〜^^
でも、ストレスためてまで禁酒するのはおすすめしないですよ^^
気楽にね〜。
らんぞー
2010/06/01 01:44
着々と進んでますね

型取りくん、ではないのですが、ウェーブの型想いで最近初複製しました(楽しい♪)

手軽でいいですね〜
MACK
2010/06/02 00:51
>MACKさん
型想いも知ってますよw
ほとんど同じなんだろうと思います。
手軽ですよね〜^^
用途別にシリコン型と使い分けてます。
この手の素材は歯科医では昔から使われてきたんでしょうね。
らんぞー
2010/06/02 12:19
色んな道具があるんですね。
パテにも様々な種類があって、何をどんな時に使うのか、まるで見当が付きません。
たぶん、使い道が見つけられず終いになりそうです。
ひるま
2010/06/02 23:32
>ひるまさん
色んなのがありますね〜^^
パテは使う用途によって使い分けますね。
あとは、好みかな?
私は粘土みたいにある程度形をつくって、やわらかいうちにへらやなんかで細かく整形していくのが好きなんで、記事にあるエポキシパテを使ってます。
人によっては、ポリエステルパテ(ネチョネチョしてます)を好んで使う人もいますね。
芯を作ってそれに盛って肉付けしていき、乾燥後にナイフやヤスリで削って作っていくタイプです。
紙粘土などで形を作るか、彫刻で形を作るかの違いみたいなもんですかね、簡単に言うと・・・^^
らんぞー
2010/06/03 00:50
なるほど、今度、クルマかバイクを作る時にやってみようかな。
僕は『おゆまるくん』っていうのを使っていますよ。
ちょうど僕もエポパテ複製中です。
レジン製作一年後にベタベタし初めてしまうトラブルに泣いてから、エポパテに切り替えてみました。
ジュンチー
2010/06/03 11:12
>ジュンチーさん
比較的ちいさなパーツは型取りくんとエポパテが手間とコストの面からベストですかね。
ポリパテを使うかたもいらっしゃいますね。
物が大きくなってくるとシリコン型&レジンでしょうか。
レジンは混合比が重さで、ちょっとシビアですよね^^;
使う量が少なければ少ないほど、シビアになりますからね。
らんぞー
2010/06/03 14:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Steinwayピアノ
完成動画です\(^o^)/ 記事へのリンクはこちら

なんと、おすすめブログに
掲載していただきました
ナットをつくるぞ ピアノを作ろう!10分の1で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる