ピアノを作ろう!10分の1で

アクセスカウンタ

zoom RSS デスラー総統ばんざ〜い!

<<   作成日時 : 2010/12/30 02:54   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 14

さて、今年も残すところあと少しとなりました。
残念ながらピアノは今年中に完成させることができませんでした・・・。
来年がんばります!!

で、来年完成に向け、一生懸命ピアノ製作に励んでいるかと言うと、実はそうでもなかったりして^^;
以前にチャチャっと作ったデスラー艦を電飾処理してみようかなと突然思い立ち、バラバラに分解していたのでした。
画像

バラしかけて写真を撮っていないことに気付き撮ったので、ちょっと割れていますが。
このキットにはデカールではなく、紙のシールが付いていてこんな風に貼るようになっています(笑)
画像

一度貼ってみたところ、なんか非常に虚しくなってしまいました・・・^^;
一応、それらしい色を調合して塗装してあるるし、接着したラインも消して処理したんですけど、どうもシールがすべてを台無しにしているなぁ・・・と思い、いっぺんやってみたかった電飾でもやっちゃおうかな?なんて思ったしだいです(笑)
画像

実は完成させていたわけではないので、ない部品もあるんですね^^;
このあいだから後部のエンジン部を探しているんですけど見当たらないんですよ^^;
最悪の場合自作しちゃいます。

とりあえず、バラしたので電飾を仕込むつもりのところに穴を開けていきます。
画像

画像

箱のイラストを参考にして穴を開けました。
画像

デスラー総統が白色彗星帝国の客将として帝国にいたときに乗っていた戦艦ですね。

さて、実は私こういう作業(プラモデルの改造)をしたことがまったくないので、はたしてうまくいくかどうかわかりません^^;
また、最後まで作りきれるかどうかも疑わしい(笑)
なので、どうか生暖かい目で見守ってやってくださいm(__)m
どろぼうひげさんのブログをバイブル替わりにやってみよ〜なんて思ってます。
LEDやら、基盤やらぜんぜん用意してないけど・・・。

どうせ光らすんなら、艦橋も光らすべきですよね〜。
しかし、この艦は艦橋が艦体から出たり引っ込んだりするんですよ。
で、稼動部がちょっと狭い板状になっているので、どうしましょう。
・・・穴を開けるしかないですよね〜。
画像

まずは光らせたい艦橋の窓を切り出しました。
しかし、この窓部分だけでは電飾を仕込には小さすぎて無理です。
幸い、いい感じにつなぎめのようなモールドがあるので、それに沿って切り出してしまいましょう。
画像

切り出してしまいました^^
この細かいパーツの切り出しを可能にしたのはこののこぎりです!!
画像

東急ハンズで売っていたプラスチック専用のノコですね。
画像

こいつの切れ味は半端じゃありません。
しかもまっすぐに、うす〜く切断することができるんです。
なんと、0.1mm!!
値段は2880円!
賭けでしたね。
高いな・・・、しかし刃の大きさが丁度よさそうだ、云々・・・。
あれこれ、約30分ほど悩んでしまいました。
しかし結果は、大正解でしたよ。
2880円の価値はありました。
じゃないと、あんな切断の仕方できませんよ、私の腕では。
耐久性がどれくらいあるかわかりませんが、切れなくなったら間違いなくまた買いに行きますね^^

穴は艦橋の下の板状になっている部分に真下から穴を開けます。
画像

ほとんど見えない部分でもあるので、大胆に行ってみました^^
画像

線2本くらいなら楽に通りそうですね。
ちなみに、くっつけたらこんな感じです。
画像

ロスが0.1mmしかないので、そのままくっつけただけで行けちゃいます。
すばらしいノコです。

エンジン部のなんと行ったらいいのかわからないですが、格子状で赤くなっている部分を光らせたいので、くり抜いてしまいました。
画像

薄いプラ板を1mm弱に細切りしたものを7本裏から貼りつけて、格子状にします。
画像

画像

この格子の先には赤くない格子状の部分があるんですが、スジ彫り(しかも深く)しなくてはなりません。
スジ彫り苦手な私は逆にプラ板を何枚か隙間を開け貼りつけて溝を作りたいと思います。
なので、もともとある溝は埋めてしまいます。
この程度ならラッカーパテで充分ですね。

とりあえずはこんな状況です^^
あとは、どろぼうひげさんのブログを見て電飾などの研究です。
どろぼうひげさん、勝手にお世話になります^^
お許しください。

30日・31日は洞爺湖温泉に行ってきます^^
またヘタクソな写真を撮ってこようと思います。
なので多分、これが今年最後のブログ更新だと思われます。
今年一年間お付き合いいただいた皆様、本当にありがとうございましたm(__)m
来年もご迷惑でなければ仲良くしてくださいね〜^^

最後にフェルトを貼ったフレームを本体に組み込んでみた画像です。
画像


それでは皆様、良いお年を!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます!
懐かしい箱の絵です(笑)
好きですねー私も。中学の頃
からね♪トシわかるわぁー(笑
らんぞーさん、今年も色々興味ソソル
内容を有難うございました。来年も
頑張って下さいね!私もソコソコで
頑張ります(笑)よいお年を〜〜
来年も宜しくお願いします♪
こむたみ
2010/12/31 07:32
なるほどピアノは来年…ってデスラー!?
(^_^;)

今年はピアノ製作、北海道旅行、とても楽しませていただきました

来年もよろしくお願いいたします!
MACK
2010/12/31 18:03
デスラー艦の制作状況ワクワクしますね〜
今年もよろしくです
とおしゅう
2011/01/01 02:45
>こむたみさん
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします^^
こむたみさんも元気にお過ごしくださいね。
良い年になればいいね〜^^
らんぞー
2011/01/01 10:57
>MACKさん
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします^^

へへへ・・・^^;
ずっといじってみたかったんですよ、デスラー艦。
はたして途中でいやにならずに完成できるのか?
ちょっとわかりませんが(汗)

今年もMACKさんにとって良い年でありますように。
らんぞー
2011/01/01 11:02
>とおしゅうさん
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

とうとう手を出してしまいました^^;
結構おもしろいですね(笑)
電飾が上手いこと仕込めたら、もっとたのしくなるかなぁ^^って思ってます。

今年もぐだぐだブログ楽しみにしてます。
食べ物系なんか特に(笑)
らんぞー
2011/01/01 11:05
 明けまして
   おめでとうございます♪

今年もヨロピク!
いいですねぇ〜温泉♪
こむたみ
2011/01/01 11:43
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
また、お邪魔させていただきますね^^
たかじい
2011/01/01 19:36
明けましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします。早々の御挨拶をありがとうございました。ホビーショウで展示されていたプラモの数々に感動した筆者でした。プラモバンザイです!!
影武者
2011/01/01 19:51
>たかじいさん
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします^^
ご訪問お待ちしております^^
らんぞー
2011/01/01 21:12
>こむたみさん
明けましておめでとうございます^^
良かったですよ〜、温泉^^
バイキングも(笑)
らんぞー
2011/01/01 21:13
>影武者さん
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
みんなそろぞれ作り方に個性があるんですよね。
模型屋さんに飾ってあるプラモの完成品も、模型屋さんによって塗装の仕方なんかがちがいますもんね^^
らんぞー
2011/01/01 21:16
電飾といえば、昔はムギ球、今はLED。しかも細かな所にはグラスファイバー通してって荒業もあります(どれも難しそう)。
イデオンのギド・マックのミサイル穴にグラスファイバーを通してやろうとしたけど、30個近くあるので途中でリタイアしました。
マイナー過ぎて分かりづらくてゴメンなさい。
ひるま
2011/01/04 15:29
>ひるまさん
イデオンは実は見てないんですよね〜、なぜか^^;
当時人気あったんだけど、なんでかな?
でもグラスファイバーはめちゃめちゃかっこよくなりそうですね^^
LEDは消費電力が少なくてすみますね。
勉強しなきゃならないことがありすぎです^^;
ネットでいろいろ調べなきゃ・・・。
らんぞー
2011/01/05 15:51

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Steinwayピアノ
完成動画です\(^o^)/ 記事へのリンクはこちら

なんと、おすすめブログに
掲載していただきました
デスラー総統ばんざ〜い! ピアノを作ろう!10分の1で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる