ピアノを作ろう!10分の1で

アクセスカウンタ

zoom RSS 駒を作るぞ!

<<   作成日時 : 2011/01/21 01:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 6

なかなかひとつのことを集中して進めることができない私でした^^;
前回剥がした大屋根の塗装は、未だそのままになっております。
適当に作っていた部分を補強したりとこまごまやってはいるんですよ^^;

3つのヒンジはあれで進めていこうと思うので、あとはロングヒンジです。
ロングヒンジの板部分の切り出しはエッチングにしようかと考えてます。
そして、取付方法ですね。
接着剤ではやはり金属部分の接着があまくて、可動部分にはもうちょっと強力にくっついてほしい・・・。
探せばあるんでしょうが、試すのもお金と時間がかかるので、やはりネジかなぁ・・・。
どうせエッチングするんだから、ネジ穴も先に開けておこうということでCADで描いてみました。
画像

中心の線で2つに折って、真鍮板を挟みこみラミネーターとアイロンで熱転写です。
ホントは今日実行しようと思っていたんですが、仕事が遅くなってしまい、明日にすることにしました^^;

並行して駒を作っておりました。
駒と言っても将棋の駒ではないですよ^^
実際の写真では逆にわかりづらいかな?
画像

この木の枕によって音程がおおよそ決まるんですね。
これをアップにしてみると
画像

弦が2本のピンのようなものでとまってますよね。
この段階で、音程が決まるんです。
ギターで言ったら、ボディ側の弦の終わり部分ですね。
かえって分かりづらいか(笑)

駒の全体の形ですね。
画像

青い線で囲んだ部分が駒です。
中心に沿ってギザギザの模様は弦をとめていたピンを直線でつなげた部分です。
この部分はなぜかシルバーに塗装されています。
なぜだかわかりませんけどね^^;
でも、この部分をなんとか表現できれば、とてもリアルになりますよね。

てなわけで、途中の製作過程はちょっと飛ばしまして、どんな感じになったかというと
画像

こうなりました。
きちんとギザギザもあります。
画像

ついでに、駒のその先にある金属のプレートのような部品もつくっておきました。
画像


駒自体のおおよその形は、プラ板にプリントアウトした図面を貼っつけて、そのとおりに切り出します。
いつもの通りですね(笑)
高さがあるので、1mmプラ板を何枚か重ねて高さを出します。
別に切り出したギザギザ部分を駒本体に接着します。
画像

本物はギザギザから外に向かって斜めに削られています。
かまぼこみたいな感じです。
それを表現するために、溶きパテをギザギザの外側に乗せていきます。
画像

完全に硬化したらギザギザ部分についている溶きパテをヤスリで削ります。
そしてギザギザから外に向かって斜めに削り込んでいきます。
画像

あとは、全体にいちどサフを吹いて形を整えていきます。
今日は残念ながら何も作業ができませんでした。
このブログを書くのが精一杯でしたね〜^^;

しかし、なんとも計画性のない制作過程ですなぁ(笑)
あっちに手を出しては、こっちを作り始める・・・。
とは言いながら、少しづつは進展しているみたいです^^
ロングヒンジと駒をなんとか同時進行で行きたいですね。

あ、デスラー艦も電飾研究しなきゃね〜。

さて、そろそろ寝ようかな・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます!
どの写真も素敵やねぇ〜♪
それを頑張ってはるらんぞーさんも
スゴイお人ですわぁ〜!毎度思うね
私も色々と頑張りたいデス!最近ねー
中年危機夫婦でねー(笑
こむたみ
2011/01/24 07:59
>こむたみさん
ほめすぎでっせ(笑)
でも、ありがとう^^

長い夫婦の歴史のなかで、いろいろと溜め込んできたものが表に出てくる年頃なんでしょうかね^^;
私は長い夫婦生活したことがないので、偉そうに言えませんが^^;
らんぞー
2011/01/25 14:27
パテを盛って削り形成してゆく。
もはや彫刻の世界では。
ゼロから形を成してゆくって、きっと適当が入ってしまいそうです。
ひるま
2011/01/26 23:37
ピアノが高いのが、わかってきました…工芸品ですねー
それを1/10で精密再現、、やっぱり前代未聞、阿鼻叫喚、空前絶後…あとは(^_^;)

まだまだ部品数あるのでしょうか!?
頑張ってください、ほかには

何にも言えねー!!(ふる〜)

MACK
MACK
2011/01/27 03:27
>ひるまさん
大雑把な形を作っておいて、削りで形を整える人と、粘土状のパテでほとんどのモールドを造ってしまう人と、大きく2つにタイプが分かれるんじゃないでしょうかね〜^^
まぁ、作るものによって使い分けるでしょうが。
ちなみに私は粘土の方が好みですね^^
彫刻は難しい^^;
らんぞー
2011/01/27 14:08
>MACKさん
私の作っているスタインウェイのフルコン、本物は1千5百万円以上します^^;
複数の職人さんが作っているものなので高いんでしょうね。

ここにきて一進一退を繰り返しております^^;
が、まぁマイペースで無理せず行こうと思っております。
らんぞー
2011/01/27 14:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Steinwayピアノ
完成動画です\(^o^)/ 記事へのリンクはこちら

なんと、おすすめブログに
掲載していただきました
駒を作るぞ! ピアノを作ろう!10分の1で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる