ピアノを作ろう!10分の1で

アクセスカウンタ

zoom RSS 譜面台をつくるぞ!

<<   作成日時 : 2011/05/02 18:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 8

え〜、屋根塗装がなかなか進まなくて、塗装の乾燥待ちの時間を使って、同時進行で譜面台を作っていくことにしました。
譜面台の実物写真です。
画像



こいつを作るんですが、比較的作り易い形状をしています。
まずは寸法を測りまくって、図面に起こします。

譜面を載せる板の曲線をどう描くか?ですね。
一番簡単なのは、写真を取り込みその上をなぞるように線を引いていくことですね。
ただ、プリントアウトしたときに実際の10分の1にならないといけませんので、縮尺はきちんとしなければなりません。

まず、測った寸法のみで描ける単純なパーツを図面上に描いちゃいます。
画像


で、実際に撮った写真を取り込み、写真の方を縮小してパーツと同じ大きさに合わせます。
画像

写真のほうが大きいですね。
画像

写真の方を縮小して図面にあわせました。

今度はこの写真の上から曲線を重ねていきます。
画像

赤い線を黒に変えて、その他のパーツも図面化していきます。
画像

できましたね^^
これをプリントアウトして、プラ板に貼りつけ線のとおりに切り出します。
画像

厚さは1.5ミリです。
今回は1ミリと0.5ミリのプラ板を貼りあわせています。
画像


次に、長さ980ミリ、約1メートルの譜面台の譜面受けを作ります。
実物のサイズです↑
このパーツはちょっと特殊な形をしています。
赤で囲った部分がパーツの断面図です。
画像


この、斜めになっているところをどうつくるかが問題ですね。
まずは斜めの部分を抜いたパーツを作り、斜め部分は別に作ったほうが工作しやすいかな?
というわけで、まずは四角い部分を作ります。
斜線の部分を作って左上部を斜めに削れば、比較的楽にできそうです。
画像


1ミリプラ板と0.5ミリプラ板を6.5ミリ×98ミリに切り、貼り合わせます。
さらに0.5ミリのプラ板を1.5ミリ×98ミリに切り、さっきのに接着します。
画像

さらに1ミリプラ板を5ミリ×98ミリに切り、両面テープで真鍮台座に貼りつけ斜めに削ります。
画像

先程のパーツにこんな感じでくっつけます。
画像

まだまだ削りがあまいようですので、デザインナイフを立てて面をを削ってやります。
画像


次に、断面図で言うところの半円形の所を作りましょう。
直径1ミリのプラ丸棒を半分になるまで削りパーツに接着します。
画像

画像

ちょっとわかりにくいですかね^^;
これで、ここは終わりです。

サイド部分に移ります。
サイド部分は次の曲やすでに弾き終わった曲の譜面を置いておけるように、広い面があります。
さらに、外側にはスライドするように溝が入っています。
このパーツは図面のとおりに1ミリプラ板を3枚切り抜いて貼り合わせるんですが、溝を作るため、真ん中の1枚は1ミリほど、短く切ります。
いきなり完成ですが、こんな感じですね^^
画像

画像

2つ作って完成です。

どんな感じになるか、パーツを並べてみましょう^^
画像

…とまぁ、こんな感じになりますね〜^^
この後は、譜面台を立てるためのつっかえ棒と、可動部分のヒンジを製作していきます。
金属加工の出番ですね〜^^
このヒンジはかなり小さいですよ〜(;・∀・)

札幌はまだ桜には早いかな。
今日は雨と風が強くてちょっと寒いです(-_-;)

稚内やオホーツク海側では雪の予報が出ています。
5日すぎにやっと暖かくなるようです。
その頃に桜が咲けばいいですけどね。

そういえば去年は桜を撮りに札幌駅周辺を散策したんだっけ。
ブログにもアップしましたね〜^^
今年も行けたら撮ってこようと思ってます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
グラフィック系のソフトは趣味、それともお仕事ですか?
憧れちゃいますね、こういうの見ると…ってチャレンジするのも億劫なんですけど(^_^;) GIMPとか無料ソフトもあるとか…用途違うかな!? 作図とかはフォトショップってやつですか?
いつもながらの丁寧な記事に感心しまくり、両手写ってるのは奥さん撮影ですか?羨ましい…

MACK
MACK
2011/05/03 04:08
>MACKさん
仕事でもちょっと使いますけど、無いと何も出来ないって訳ではないので、便利だから使っているっていう感じですね〜^^
CADソフトってやつです。
会社で入れているやつなので、値段は高いですよ(@_@;)
写真のレタッチ系は、フォトショップ持ってなくても、GIMPで充分ですね。
イラストレータなどのドロー系もフリーソフトで良いのがありますしね。
Inkscapeというソフトです。

今回はCADで作成したのを、JPEGファイルにエクスポートしてブログにUPしています。

両手写っているのは、小さい三脚を手前において画像を見ながら、10秒タイマーを使って撮影しています^^;
ヨメさんに言えば手伝ってくれるでしょうが、たいていは彼女が寝たあとに作業していることが多いので、いつも自分で撮影してます(笑)
らんぞー
2011/05/03 09:54
PC買ったら〜なんて思ってましたが、、億劫(^_^;)

いつかは…とお化けは出た試しがないですね〜(^o^;)
3脚でしたか〜想像して勝手に羨ましくなりましたよ(-_-)

夏までには完成でしょうか? 実物見たいなあ〜勝手に親戚の子供の成長を見守るオジサンみたいな気持ちに(^.^)
MACK
2011/05/03 11:16
>MACKさん
イラストを描くMACKさんなら、GIMPとペンタブレットで紙に描くような感覚でイラスト描けますよ^^
面白いから、MACKさんなら使いこなせると思いますね〜^^

そういえば、以前は春には完成か?なんて自分で言っておりましたっけ・・・。
北海道の春は遅いけど、もう春なんだよね〜^^;
夏ですか?
むむむ…。
生温か〜く見守ってください(^_^;)
らんぞー
2011/05/03 13:48
いや、こりゃまた、すごい。。。譜面台まで。もちろん、ピアノだからあるのは当然ですが、このパーツ作成の工程とこの図面は、、、本格的なCADソフト(AUTOCADのような)を使われているような感じがします。
いずれにしてもお見事です。
たかじい
2011/05/05 02:18
>たかじいさん
使っているのはVectorWorksです。
一度、CADで図面書くことを覚えると、そんなにシビアな図面じゃなくても使ってしまいますね。
とっても楽ですもん(笑)

それにしてもたかじいさん、お詳しいんですね^^
そういうお仕事されていたんですか?

ベジェ曲線とかはイラストレーターの方がなめらかにかけるような気がしますね。…余談ですが^^
お褒めいただいてありがとうございます。
らんぞー
2011/05/05 11:35
ダウンサイジングは、やはり写真の縮小ですね。
フリーハンドで書こうものなら、左右非対称になったりしますし。
実際のピアノ作りだと、コンピューターで図面起こして裁断とかもしているのかな。
車の社名入れるのは、ほとんどレーザー加工だし。
ひるま
2011/05/05 16:35
>ひるまさん
写真もどんなに真正面から撮っても、やっぱり少し歪んでたりしますので、ある程度は寸法測っておく必要があります。
その上で左右対称のものは半分作ってミラーコピーですよね^^

スタインウェイは結構人間の手でやっている部分が多いようですね。
ボディ本体は、薄い木材をにかわで何枚か貼りあわせて、それを型に巻きつけ固定して乾燥させてあの厚みになるんですよ。
なので、当然誤差があって同じ型のピアノでも5mm
くらい幅が違うこともあるみたいです。
まぁ、その個体差がここのピアノの個性として評価されるんですけどね^^
それなりに自動化はされていると思いますけどね。
車は本当にコストの削減が徹底していますもんね。
製造する数も多いですしね。
らんぞー
2011/05/05 17:11

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Steinwayピアノ
完成動画です\(^o^)/ 記事へのリンクはこちら

なんと、おすすめブログに
掲載していただきました
譜面台をつくるぞ! ピアノを作ろう!10分の1で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる