屋根をつくるぞⅢ

今回は、ロングヒンジと屋根断面の接着を補強するため、ヒンジの接着側にダボというか鋲というかそういうのをくっつけます。

作業は、前屋根をあけた状態にしてやります。
前屋根をあけた状態にすると、ヒンジの軸の分(0.8mm)、大屋根との間に隙間ができます。
前屋根と大屋根の間に、0.8mmの板をはさんでテープで固定します。
そこに開いた状態のロングヒンジを合わせて、これもテープで固定します。
画像


ダボは5箇所くらいで良いかなぁ・・・、それくらいあれば補強としては充分と決め付けますw
ヒンジの板部分に穴を開けます。
あたりをつけるため、まずは手でぐりぐりっと。
画像


次に、ピンバイスで穴を貫通させます。
そのまま、屋根も3~4mm穴を開けます。
画像


こんな感じ。
画像


一旦ヒンジを屋根からはずします。
で、この穴に真鍮棒を差し込み、半田で固定します。
こての先に半田をちょっとつけて
画像

ちょん、ちょんと。
画像


画像

画像


先ほどあけた穴に差し込んでヒンジを屋根につけてみます。
開いていた前屋根を閉じてみると・・・
画像

画像


なんとなく、いい感じ(自画自賛)w
思ったより見栄えがまともでよかった。
実物は、この見えているヒンジがもっと細いのですが、それほど違和感がないのでOKとします。

問題は、半田付けで半田色になってしまった部分を、どうするかですねぇ。
ゴールドを塗るしかないんですが、実はこの先は考えていないのでしたww
接着剤を何にするかもまだ検討すらしていないので、屋根についてはこれで一旦終了です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2009年08月02日 20:01
何も無い所から、図面を起こし、材料の選定~加工して作るってのは気が遠くなるようなお話です。
無事に完成したら、帰って人に差し上げられないのでは?・・・と余計な心配をしてしまいます。
2009年08月02日 20:28
細かい作業に驚きです。
目を悪くなさらないよう、休みを取ってくださいね。
接着剤選びも一筋縄ではいかないものですね。
がんばって下さい!!
らんぞー
2009年08月02日 22:25
>kackeyさん
そうならないように、1台目に目星がついたら、2台目を平行してつくり始めようと思っています。
いつごろ目星がつくのか、が今のところ不明なのですがw
でも、なるべく早く完成させて、プレゼントしなくてはと思ってます。
ご心配いただきましてありがとうございますw
らんぞー
2009年08月02日 22:32
>ひるまさん
ありがとうございます。
がんばります。
目は今のところ大丈夫ですが、老眼は急にやってきますからね~w
老眼にならないよう祈るばかりです。
私は近眼&乱視なので、これに老眼が加わると遠近両用プラス乱視のめがねが必要になっちゃいます;;
2009年08月03日 22:37
 半田つけ  って

 懐かしい響き。中学の図工?

 以来、やってないなあーって。

 歯医者のバイトを若い頃してて(短大)

 工具が歯科と、それとなく、似てます。

 娘は、そんな感じが好きなのか歯科衛生士

 になってます。
らんぞー
2009年08月03日 23:02
>こむたみさん
嫁さんが作業中の私を見て
「歯医者さんみたいw」
と、よく言いますw
工具は基本的に同じものだと思います。
ただ、私のはホビー用ルーターですね。
歯科衛生士って、差し歯とかつくる仕事ですか?
ちょっと楽しそうですね~。
仕事ですから、楽ではないんでしょうけどw
2009年08月05日 13:20
訪問コメありがとうございました
こちらも着々と進行してますね、完成を楽しみにしてます
らんぞー
2009年08月07日 15:51
>ぐらんぱさん
ありがとうございます。
完成するんだろうか?
って、最近ふと思ったりしておりますww
がんばります。
こむたみ
2009年08月07日 17:01
  どうー、
  進んでますかあ?
らんぞー
2009年08月07日 18:11
>こむたみさん
ぼちぼちです。
でも、ほかのことをやり始めると、まったく進まなくなります・・・。
ちと、飽きっぽいんですよ^^;
だから、2年半たっても完成しないんですねぇ・・・やれやれw
こむたみ
2009年08月10日 09:27
  では、目標は
  いつ頃?
   
  長ーい目で
  見ろと、、、。
wind mama
2009年08月10日 14:51
初めまして。
ピアノを一から作られるなんて、すごいです!
しかもお礼のプレゼントのために・・・。
私はピアノを長い事やってますが、恥ずかしながらピアノの仕組みには全く疎いものですから、尊敬してしまいます。
頑張って仕上げてくださいね!!
らんぞー
2009年08月11日 23:05
>こむたみさん
も、目標ですか・・・?
むむむ・・・。
希望としては1年後。
ながーい目で見ていただくとありがたいです。
らんぞー
2009年08月11日 23:22
>wind mamaさん
はじめまして^^
ありがとうございます。
この模型を作り始めてから、ピアノの構造に詳しくなりました。
今では、調律師の方と部品の話や構造の話をできるようになりましたw
構造が理解できると、調律師さんと結構対等な話ができるようになるので、ピアノされてる方は理解できたほうが良いかもしれませんね。
私は、譜面を見ただけでちゃらら~んと弾けてしまう(それも右手左手別々に)ピアニストの方々を尊敬してしまいます。
なので、「もしもピアノが弾けたなら」という歌をよくカラオケで歌いますww
2009年08月26日 11:05
こんにちは!watanabeです。

さてさて早速ですが用件をば・・・(^_^;)

余分に付けてしまったハンダの除去についてですが、私は量が少ない時は#400~#1000のペーパーで磨いて落とし、量が多い場合はキサゲで除去しています。
ペーパーは専用のヘラやプラ板に両面テープで貼り付けて面をだせる様にしておくと使いやすいです。
キサゲは刃物状のものとブラシ状のものがありますが、対象を傷つけないようにするにはブラシ状のものが使いよいと思います。(どんなものかは↓を御参考に・・・)
http://y-a-nabe.blog.ocn.ne.jp/first/2006/09/post_262d.html

で、仕上げについてですが、金属は塗料の食いつきが良くありませんし、折角ですから金属そのものの色を活かすために、私は表面を磨き上げたあとクリア(透明)のメタルプライマーを塗ってます。大きな面積はエアブラシで吹いてますけど、筆塗りでも刷毛目はほとんどつきません。模型屋さんでプラモデル用の塗料を置いてあるところなら大抵手に入ると思いますよ。v(^^)
2009年08月26日 12:03
コメントありがとうございます。
ケサゲって初めて知りました。
こんなに取れるものなんですね~。
いあ~、watanabeさんのブログはめちゃめちゃ参考になります。

金属塗装はまだやったことがないので、一度やって見なくてはと思っておりました。
実はメタルプライマーは1年位前に買ってあるんですが、当初もくろんでいた金属加工が失敗に終わり、必要なくなっていたのです(笑)

教えていただいたやり方で、余分な半田おとしをやってみますね~^^
ありがとうございました。

この記事へのトラックバック