ナットをつくるぞ その伍

そろそろナットを完成させます^^;
ナットだけでいつまで引っ張るんだよ(怒)、という心の声が、またしても聴こえてきそうなので(笑)

最初に塗った銀色塗装を一度剥がし、サーフェイサーを吹きました。
乾いたところで黒ツヤ塗装をエアブラシで施します。
最初に銀塗装したように、ビンのふたに両面テープを貼り付けてそれにナットをくっつけて一気に塗装します。
そして銀さんの出番です。
おもむろに銀さんをまぶしていきます。
画像

で、さっさっとなじませ、磨いていくと・・・
画像

ナットだけでなく、両面テープの部分も金属っぽくなってますね~^^
指で触ってもほとんど着かなくなるくらい脱脂綿で磨きます。
あまり強くやると、両面テープからぽろっと剥がれてしまいます。
床に落ちちゃうとなかなか見つけられないので、気をつけないといけません^^;

磨きが終了したら、ナットを両面テープから剥がします。
ピンセットで挟んで剥がすのですが、上に引っ張っても取れないので、横にスライドさせるようにして剥がします。
これだと力の制御も利くし、ナットが飛んでいったりするのを防げるので。

すべて剥がしたら、いよいよフレームに接着していきます。
画像

ピンセットでつまんで、うらに瞬間接着剤をちょんちょんと。
画像

微妙な位置修正をしたいので、使う瞬着はちょっと硬化が遅めで粘度の高めなものを使いました。

慎重に置いていきます。
画像

手が、手が・・・震える^^;

で、なんとかすべて接着しました^^
画像

画像

画像

本体を仮組みして見ます。
画像

画像

画像

細かなディテールがほどこされてくると、だんだん見栄えが良くなってくるような気がします。
パッと見ね、パッと見(笑)
こすって銀SUN
ワーク
こするだけでメッキ感!黒い粉で磨けばメッキのように見事なメタリックに変わっていきます。ワークオリジナ



先日札幌の某ホールで、ピアニストが知り合い、調律師さんも知り合い、主催者さんも知り合いのコンサートがあり本番前に顔を出してきました。
その調律師さんというのがこのブログに何度かコメいただいている357さんなんですね。
で、ピアノ模型の進み具合を見せに持って行きました。
脚なんかはまだ接着していないので、両面テープで貼り付けて、まぁ仮組み状態でもっていきました。

で、ノリの良い調律師357さんとちょっとあることをためしてみました。
まずはこの写真をご覧ください。

画像

遠くに見えるピアノは、実は模型で実際には手前に置いてあります。
ためしに別な角度からみると・・・
画像

ほらね?おもしろいでしょ(笑)

で、こんなことをしてみました。
画像

画面のかばんのところとを見ていただくとわかると思いますが、明らかに小さい方が前にありますね。
ところが、人物をみると向こうの方にピアノが置いてあってそれを弾いているように見えます。
カメラの位置を微妙に調整してとった、トリックフォト(勝手にそう呼んでいる)です^^
写真の人物は357さんです^^
調子に乗って、色々撮ってみました。
    ポロン♪ポロン♫
画像

    ジャ~ン♪
画像

    ブラボー!!パチパチパチパチパチパチ・・・。
画像

画像


いや~、なかなかおもしろかった^^
意外と本物に見えるもんですね~(笑)
じっくりみると「あれ?」って気づきますけどね。
357さんお疲れ様でした^^

さてさて、この日のリサイタルはすばらしい演奏でした。
お客の入りも上々でしたよ^^

え~、おことわりしておきますがこれらの写真は、主催者さん及びピアニストさんにきちんと了承をとった上で撮影させていただきました、はい^^
みなさん、いっしょにおもしろがってくださいましたよ^^
本番前にもかかわらず^^;

関係者の皆さん、ありがとうございましたm(__)m



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2010年09月28日 20:22
面白いトリック写真が撮れましたねぇ
いかに忠実にリアルに出来上がりつつあるかの証左でもありますね
ナットはほんとうに見事です
2010年09月28日 21:37
>ぐらんぱさん
ありがとうございます^^
一度やってみようと思っていたんですよ。
話してみたら、調律師さんも乗り気だったので、やっちゃいました(笑)
ナットは銀さん様さまですね^^
2010年09月28日 23:40
細かい部品は飛んでってしまうと、なかなか見つけられない。よく経験しました。
どうせ小さい部品だし、と無いまま組み立てる始末。
あとで出て来ても、それこそ後の祭りでした。
2010年09月28日 23:53
らんぞーさん、やりますね。^^
このトリックフォトはいざやろうと思ってもなかなかできないもの。
被写体の調律師さんもノリノリっていうのがいいですね。
2010年09月29日 02:01
>ひるまさん
そうそう、あとから出てくるんですよね^^;
もういらね~よ!!って捨てたりして。
さんざん探して出てこなかったのに、なんかの拍子にまるでずっとそこにあったよ、みたいな感じでね。
くやしいんですよね(笑)
2010年09月29日 02:07
>たかじいさん
私もはたして出来るもんなんだろうか?と思ってましたよ^^;
どのへんに置いてカメラをどうすればいいのか、ぜんぜん見当がつかずに、まぁ置いてみようという感じでした。
あとは、実際にカメラをのぞきながら、近づいたり離れたりしていいポイントを探したんですね~^^
楽しかったです^^
357
2010年09月29日 08:56
先日はいろいろありがとうございました。
ブログ覗いていましたが、またナットとは思わず、前のままと思い更新されていることに気が付かずスルーしていました。すいません。
何度見ても本物に見えます。
次は何か思考を凝らした撮影に挑戦したいですね。

ナットが入るとさらにリアリティーがましますね。
今週はオーバーホールをしていますが、弦を外した感じがまさに写真の感じです。
次はピン?フレームロゴ?フェルトあたりですかね?
2010年09月29日 09:57
トリック写真、説明を聞いてても何が何だか分からなく
ほど上手く出来てるし、遠近感がおかしくなります。笑
いや~面白ろ素晴らしい~

しかし細かい作業、その手の振るえ分かります。
ちなみにいつも思うのですが、瞬間接着剤って一度使うと
次に使う時って、殆ど固まって使えないことないですか?
何か良い改良か保存方法がないのですかね?
2010年09月29日 14:49
>357さん
こちらこそありがとうございました^^
おもしろかったですね~^^
思いのほかうまくいきましたよね~(笑)

あの段階で、あとは銀さんをこすってフレームに接着する作業が残っていたので、とっとと作りました^^;
どっちの記事を最初に持ってくるか迷ったんですけどね。

このあとはチューニングピンをちょっと試しに手を付けたいところですね。
どんな風に見えるかちょっとやってみなくてはわからないので。
ダンパーはもう作り始めておりますよ。
まだ初期の段階ですが。
フレームロゴはもうちょっと後かな?
フェルトも生地探しからですね。
良い生地が見つかればいいんですが。
2010年09月29日 15:23
>kanさん
何も説明が無ければ気づかないかもしれないですね(笑)
模型だったんだよ~ってわかるような写真も撮っておけば良かったかも。

手が震えるので、手首をどこかに固定したいんですけど、なかなか固定できなくて^^;

私みたいに模型に使っているならばまだ使い切れますけど、普通はそうそう瞬間接着剤が必要になる状況にはならないでしょうから、半年後とかへたしたら1年後に使おうと思ったら固まってたっていうのはあるかもしれませんね~^^;
瞬間接着剤は空気中の水分に反応して固まるので、湿気に注意して保存すれば少しは持つかもしれませんね。
密封容器に乾燥剤を一緒に入れて保存するのも有効と思われます^^
北海道は湿度が低いのとしょっちゅう使うので、いつも私はキャップをしてその辺に置いておりますけどね。
さすがに今年の夏はヤバかったですね・・・湿度が高くて・・・^^;
MACK
2010年09月30日 03:32
ナット…お疲れ様でした!
トリック写真、お見事!!

こだわって製作された成果ですね!!
ホントに余計なお世話なんですが、レジンの経年変形が心配…飛行機を作ったことあり、かなり古いキットで、変形なかったから大丈夫みたいですが、抜いた直後は反りとか…

では完成楽しみに、ゆっくり拝見しています!!

MACK
2010年09月30日 12:24
>MACKさん
ありがとうございます。

レジンの変形問題は2chやプロのモデラーのなかにもレジンキットの販売に対して問題提起している方がいらっしゃるようですよね。
変形のリスクがあるじゃないかと。
私なんか、レジンだけじゃなくてプラスチックやら金属やらいろんな素材使っているので、心配と言えば心配ですね。
まぁ、販売しているわけじゃないので責任問題になることはないですけどね(笑)
フレーム抜いたときに、それでも数ヶ月後なんですが、フレームの裏にプラ板を張りつけたら、見事に反りましたね~^^;
プラ板はがしたら、あっさり直りましたが・・・。
2010年10月04日 01:27
こんばんは~
これって合成では無くって???
あのかばんが入ってる写真のどっちが模型でしょうか?
見れば見る程よく分かりません。
…という事は模型の仕上がり完璧ですネ!!

それにしても私、頭悪すぎかも…
あの写真のどっちが模型か分かりません。(^^;
2010年10月04日 19:28
>kackeyさん
人物は奥の壁際にいて、弾いているように見えるピアノが模型で、カメラのすぐ近くに置いてあるんですよ。
で、本物のピアノとかばんは人物と模型の中間くらいに置いてあります。
こういうのは動画のほうがわかりやすいですね~^^;

今だったらこういう画像は模型を使わなくてもレタッチソフトで簡単に作れてしまいますね。
これは実は模型なんですよ!っていう画像がやはり必要でしたね^^;

2010年10月10日 17:47
えらい凄い完成に近い
のと違いますか?ピア
ニスト様とお知り合いも
凄いねー♪私だって自宅で
ピアノ講師友います(笑)ふふ・・
ホンマ実物の縮小ってよくわか
りました♪黒ビカリもそっくし!
2010年10月11日 21:57
あとは細かい部品を作るんですが、数が多いのでどうも「やるぞ~!!」っていう気合が入らないんですよね~^^;
しばらく止まってますなぁ~(汗)
あ、この記事アップしたときよりは進んでますけどね。
たいした進み具合じゃないけど;;
でも、がんばるぞ!・・・と(笑)
写真だと結構本物と見分けがつかないでしょ^^
まぁ、黒いからってのもありますが。

この記事へのトラックバック