キャスター補修

この間壊れてしまったキャスター稼動部を補修しました。
これね・・・。
画像

さて、どうしたものかと悩んだ結果、プラリペアをもう一度使うことにしました。
プラリペアとは、



武藤商事 PL-16 プラリペア ホワイト(V2226)
でじたみん 楽天市場店
発売予定日発売中!メーカー武藤商事商品詳細プラリペアは、合成樹脂のパウダーと専用リキッドを混合し重合


楽天市場 by 武藤商事 PL-16 プラリペア ホワイト(V2226) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





こういう商品です^^
一度このブログでも紹介しましたが、いつ頃だったか忘れてしまいました。
とにかく硬化すると非常に硬くなるので、稼動部分なんかにも結構使えちゃいます。
ネジの受け側の再生なんかにも使えると言うことは、すんげー硬くなるんです(笑)
なんか説明になってませんが・・・。
プラスチックと融和性が高く、よくなじむと言うか一体化するというか。
もちろんレジンにもね。
なので、軸の再生には2mmのプラ棒をつかい、プラ棒とキャスターのつなぎにプラリペアを使います。
途中の制作写真がないのでなかなか説明しずらいので省きます。
どうなったかと言うと、こんな感じになりました。
画像

画像

この軸に、リング状のパーツを通して、
画像

抜けないように筒型のパーツをはめ込み軸と接着します。
画像

最初に通したリングパーツが脚と接着され、めでたくキャスターは自在に回ることができるようになります。
その前に、この補修作業のために剥がれてしまった脚の部分の塗装をレタッチします。
目立たないところなので、筆塗りでレタッチ^^
画像

キャスターはゴールドを再度エアブラシで塗装して、脚に接着。
画像

画像

補修完了~^^
今回はプラリペアを、接着剤と言うよりはパテとして使った、と言った方が近いかな?
かなり強度が増したと思います。

ためしにまた使ってみるか・・・という感じでやってみたため、まったく写真を撮っていませんでした。
まさかこんなに上手くいくとは思わなかったので。
また今度使うときには忘れないで写真撮っておきます^^;

さて、チューニングピンはどうなったかと言いますと、まだこんな感じです^^;
画像

画像

まだ結構あります。
まぁ、サボってましたね^^;
無理しないでいきます。

札幌は2~3日前に雪が降って、ちょっと道路が凍結してとても危険でした。
しかし、その日の前日になんとタイヤ交換していたのでした^^
なんというタイミング。
虫の予感だったのでしょうか。
今はとけてますけどね。
タイヤ交換しちゃったので、いつでも来なさい!といったところです(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2010年11月19日 13:31
こんにちは!
サボったっていわはるけど、
残り少なくなったねぇ~♪
みたいな気がする私ですが?
早いですねー時間が過ぎるのは!
らんぞーさんと知り合ってからでも
早かったねーまた冬が来るね♪お互い
トシやし無理せず、頑張っていきましょ(笑
MACK
2010年11月19日 23:08
バッチリですね

プラリペア、良いと聞いております!
強度があるんですね

頭にメモリーしときます

しかし、1/10ピアノにはどれだけの技術、工程、素材が…
(^_^;)

完成のアカツキには本物が見たいな~
北海道、遠いどー

千葉のMACK
2010年11月19日 23:33
面白い素材の紹介、ありがとうございますっっ!!
そうか、成る程、強度があるんですね、良い事を聞きました。
チューニングピン、気、気が遠くなる。。。わー、只只、驚嘆。。。少しずつ、やってくださいませ~です~
2010年11月20日 00:42
>こむたみさん
毎日少しずつというのがどうも出来ないようです^^;
夏休みの宿題と同じw

1年が早いですね~^^;
早いわりに1年前を思い出せない(汗)
でも、ブログを見たら「あぁ、こんな事言ってたんだぁ」って思い出せるから、ブログ始めてよかったです^^
こむたみさんとも知り合えたしね。

もともと無理するのが嫌いな人が、年をとってさらに無理をしないようになりましたなw
善哉、善哉。
2010年11月20日 00:52
>MACKさん
プラリペア、お勧めです。
負荷がかかるところにはとても重宝しますね^^

なんだか、最初のほうに作ったパーツのの作り方忘れてきました^^;
どうやって作ったんだっけって、自分のブログ見てたりして(笑)

なんとか、どろオフに持って行けたらなぁ・・・なんて妄想してますよw
しかし、持っていけるのがこれしかないってのも、模型に携わるものとしてどうよ?って気がしないでもない(笑)
2010年11月20日 01:04
>雨月さん
なんかね~、新素材ってのに惹かれるんですね~w
なぜかって言うと、楽できそうな気がするからです^^;
どうも「楽」と言うのが、私の行動原理なのかもしれませんね~。
プラリペアは、楽とは違うけど、今まであきらめていた欠損なんかを再生できるので、とてもいい素材です。

チューニングピンは意外と始めてしまえばそれほど苦にはならないようです。

さてさて、FF14がやたら不評のようですね。
FF11が良すぎたんでしょう。
途中で投げ出しましたがw
2010年11月20日 23:51
らんぞーさん、前回のコメント、よく分かりました(笑)
また、お気遣いありがとうございます。(また、書いちゃいけない。はじかれますね)
まあ、それだけ、いけないメッセージははじいてくれていると思えば、感謝です。
それにしてもキャスターがめちゃめちゃ凝ってすごいですね!それとピンの修行、おつとめ、お疲れさまです。私なら、泣きながら修行から逃げてます(笑)
2010年11月21日 01:10
>たかじいさん
いや~そんな機能があったなんて知りませんでしたよね^^;
キャスターは比較的最初のほうで作ったんですよ。
どうやって作ったかちょっと忘れている部分もあります(汗)
まじめにやっていれば、修行はもう終わっているところでしょうね^^;
今日もサボりましたw
2010年11月26日 22:29
ピアノの足部分、一度黒を塗ってあるので、接着剤など扱うのが大変そう。
慎重さに欠ける私ならば、きっと指紋をつけてしまうでしょう。
やはり手袋は必需品ですね。
2010年11月27日 01:29
>ひるまさん
いえ、いえ。
慎重さに欠けることで言えば、私の右に出るものはいないでしょう(笑)
あっ!とか、しまった!!とか、そんなのばっかりですよ^^;
特に接着剤のはみ出しや、指に接着剤がついて、その指で触ってしまって(泣)とか・・・。

でも、いろんな意味で手袋は嵌めて作業したほうがいいですね。
汗かきますけどね^^;

この記事へのトラックバック