ペダルを組むぞ!

お久しぶりです。

今回はペダル部分を棚板に取り付けてみました。
部品はすでに出来ているので、組み立ててペダル機構がきちんと動くかどうかが焦点です。
画像

ペダルは3つあります。
右のペダルはダンパーペダルと言って、これを踏んでいる間は全部のダンパーが弦から離れるので、鍵盤から手を離しても音は消えません。
シンセなどのキーボードではサスティンペダルとも言いますね。

中央のペダルはちょっと特殊で、基本的には鍵盤を弾いて指を離す前に踏むと音が消えないというのは一緒なんですが、このペダルは弾いていた音だけを残すことができるんですね~。

左のペダルはソフトペダルと言います。
このペダルはアクション部分をまるごと数ミリ右へスライドさせる事ができます。
ピアノは中高音はひとつの音につき弦が3本、低音は2~1本張ってあるんです。
ハンマーが3本の弦を叩いてたのが、アクションが数ミリずれると、3本のうち2本だけ叩く形になり、2本の場合は1本に、1本の部分はいつもハンマーが使われていない柔らかい部分で叩くことになり、音が小さく柔らかくなります。
って事でいいのかな?(笑)

べダルの足で踏む部分の反対側に、真鍮の棒がくっつくんですが、接着剤で完全に固定しちゃうと動きに支障が出るんじゃないかと考えました。
どういう事かというと、抜けないけどある程度フレキシブルに動くくっつけ方をしたいなぁ・・・と。
ガンプラの関節のように出来ればいいんですよね。

半分無理だろうと思いながらやってみたのが次の方法です。
・真鍮棒の先にハンダで玉を作る。
・ペダルの先に開けておいた穴に玉の部分を差し込む。
・それだけではすぐ抜けるので、穴の上下をパテかなんかで塞ぐ。

画像

画像

こんな感じで、ハンダを先端に着けて、玉の大きさなんかをヤスリで調整します。
で、ペダルの先に穴をあけそれにキツキツに入るように、穴の大きさを調整します。
画像

画像


いい感じで差し込んだら、まず、下側を閉じていまいましょう。
プラリペアを使用します。
まず粉をまぶしておいて・・・
画像

そこにリキッドを垂らします。
画像

しばらく硬化を待ちます。
画像

いい感じですね^^
これで、下に抜けることはなくなりました。
次は上に抜けないようにしましょう。
同じように粉をまぶした後リキッドを垂らします。
画像

硬化したら、真鍮棒をペンチかなんかで自転させて、プラリペアから剥離させます。
クルクル回るけど、抜けない状態です。
さらに、上側のプラリペアをギリギリまでナイフで削り、ある程度フレキシブルに動くようにします。
画像

一応これが完成なんですが、どういうふうにフレキシブルなのか写真ではわかりませんね^^;
「ガンプラの関節」のように真鍮棒にある程度の自由度を与えています。

3本ともくっつけたら、真鍮棒の先を棚板側に取り付けます。
で、ペダル側も下の板を接着して固定します。
まずは、一本ずづ長さを調整します。
画像


画像


真鍮棒の長さが決まったら、3つのペダルに棒を通して溝に固定します。
画像


画像


棚板側の機構と真鍮棒は接着剤で固定します。
ペダル側も塗装したプラ板を貼って、塞いじゃいます。
画像


これでペダル部分は完成です^^
実際に動くかどうか、動画にしてみましたので御覧ください。
初めて動画をアップしたので、解像度だのファイルの大きさだの適当ですので、ご容赦ください。



わかりましたでしょうか^^;

ダンパーペダルとソフトペダルは動くのはここまでで、この先は細かい機構を作らなくてはならないので、1号機は省略します。
できればダンパーくらいは動かしたかったんですが、ちょっといろいろ研究しなくてはならないので、今は無理かな…と。

動画のアップの仕方がわかったので、今後は動画も交えて説明していきたいなぁと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2011年03月28日 20:48
こんばんは!
今回もスゴイですね!
こむたみのおすすめブログです(笑)
すごいわぁ~らんぞーさん♪
2011年03月29日 02:01
>こむたみさん
す~と前から「うまくいくかなぁ…?」って思ってて、なかなか踏み出せなかった部分ではあります。
悩むよりやってみるべきで、意外とあっさり上手くいきました^^

おすすめブログ指定ありがとうございます^^
なかなか更新しないブログだけれどもね(笑)
MACK
2011年03月29日 12:56
いやいや、1回の内容が濃いじゃないですか!!それに比べ…(・・;)ウス~い

今は携帯なので、動画は夜の楽しみにします!
2011年03月29日 19:37
>MACKさん
うまくまとめることができないで、長々と説明しているだけですよ~^^;
しかも、伝えたい事が本当に伝わっているんだか、どうだか(^_^;)
動画で伝わればいいんですけど、あまりできは良くないかもです。
もうちょっと解像度上げてアップしてももいいのかなぁ?
2011年04月01日 09:35
なるほど・・・動画見てうなずいてました。
やっぱり細かい作業になりますね。

そういえばプラリペアは使った事がなかったです。
良いですか?
2011年04月01日 12:23
>ジュンチーさん
プラリペアは硬度が出るので、可動部や負荷のかかるところに適してますね。
逆に、柔軟性はないので、薄くしたりするとパキンと割れたり折れたりします。

使い心地は人によると思いますが、粉にリキッドをたらして使うという変わった方法が、意外と使いやすかったりします^^
いろいろ応用が効く材料ですね。
プラスチックと良く馴染みますしね^^
2011年04月02日 14:08
凄げぇ~( ̄ロ ̄;)
こんなに小さなピアノのペダルを動くように着けるとは・・・
しかもピアノのペダルの意味を、初めて知りました^^;

今回は動画付きで、より内容が理解しやすく、
プラス、いかに繊細な仕事だと言う事が分かり
ました。
兎に角、凄げぇ~( ̄0 ̄)/ オォー!!
2011年04月02日 16:43
>kanさん
いやぁ、実を言いますときちんと動く自信はなかったんですよね~(^_^;)
ペダルくらいは動くと思ってましたけど、その先の機構は、まぁ目立たないし動かなくてもいいかなぁ…なんて思っとりました。
それにしても黒い被写体を撮るのは難しいですね~。
カメラもビデオも…。
2011年04月06日 23:09
動いているの、よく分かります。めちゃめちゃ、精密なつくりじゃないですか!すごい、ペダルとの機構までちゃんと動くようにしているとは、、、さすがです。
2011年04月07日 02:20
>たかじいさん
ありがとうございます^^
あまり期待はしていなかったんです(笑)
まぁ、マグレみたいなもんですよ~^^
このピアノ制作では、予想以上に上手く行ったところと、全然期待はずれのところがありますね~^^;
難しいところです(しみじみ)

この記事へのトラックバック