側面のノブを作るぞ!フックもね^^

ええ、未だに正式な名前がわからないので(たいして調べてもいませんが^^;)ノブ&フックというナンノコッチャ?的な名称で行かせて頂きます。
前回の記事に本物のピアノのノブとフックの写真を掲載してありますのでもしよろしかったらどうぞ。

まずはノブの方から作ります。
元の材料はキャスターを作るために作った平べったい円柱です。
材質は直径9.5mmのプラパイプにエポキシパテを詰め3.5mmの厚みに切ったものです。
画像

このパーツに関しては「脚を作るぞ PartⅡ」を御覧ください。

今回もこのパーツの中心にルーターのビットを差し込んで回し、デザインナイフの刃を立ててチリチリ~っと削って作ります。
画像

このパーツの直径は6.2mmですので、外側のぷらパイプ部分はとっとと除去しました。
まず肝心の形に削り始める前に、ブレを直します。
といっても、回転させて、縦と横にペーパーを押し付けブレがなくなるまで削るだけですけどね。
回転状態と停止状態が同じになればOKです。
画像

一生懸命削っていたので、途中写真を撮っていませんでした。
おおかたの形ができてから気がついた^^;
画像

エッジを効かせるところはナイフの先でちゅぃ~んと…。
画像

仕上げに800番と2000番のペーパーを当ててやります。
画像

まぁ、こんな感じかな?

次にフックの方ですね。
これは久しぶりの金属加工です。
え~、いつものとおり写真からCADで図面にしてプリントアウトします。
で、手頃な大きさ(8mm×5mmくらいかな)に真鍮板を切り出し、これに貼り付けます。
画像

金切鋏やらニッパーやらヤスリやらを駆使して図面の通りに切り出します。
同じ物を2つ作ってハンダで貼り合わせます。
画像

次にこのパーツの丸い部分に穴を開けます。
画像

1mmの穴ですね。
なので、直径1mmの金属棒を通してこれまたハンダで接着します。
画像

画像

直角を出すために真鍮ブロックを使いました。
この状態でハンダ付けです。

さていよいよボディにこのフックを通す穴を開けます。
穴の位置を出すのに、まずマスキングテープに端からの距離のところにマーキングします。
それを模型の端から貼りつけて行って、穴の位置を出します。
画像

黒い線のテープの下のラインです。
穴を開けたら実際に通してみましょう。
画像

良い感じです。

金属棒の長さを調整しスコスコ動かないように加工します。
ノブを一度はめてみました。
画像

動きも問題ないようです。
まだ接着はしていません。
黒塗装しなくてはなりませんので。

塗装に関しては極普通に艶黒を吹いてやります。
画像

画像

…という訳で、ノブ&フックは完成であります^^
実を言いますと、前回の記事の段階ですでに出来てまして、使った写真にもノブ&フックが写ってますのでよろしければどうぞ^^;
じゃあそれまで記事も書かずに何してたんだね?っていうツッコミはご遠慮ください(笑)

札幌はだんだん秋の色が見えてきました。
画像

札幌市内中心部でも早いものは赤くなって来ました。
あと1ヶ月もしたらタイヤ交換のタイミングを伺うようになるんだなぁ…。
1年が早いです^^;

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2011年10月15日 16:18
こんにちは!
9.5mmの中の穴が凄いねー!!
きっと、らんぞーさん
コレ隠したら激怒やね(`ε´)(笑
紅葉が早いねー秋の色ですね
ムリせず頑張ってねぇ~
2011年10月15日 16:28
>こむたみさん
大丈夫。
隠されてもまた作るから^^
季節の変わり目は気を付けないとね~^^
頑張りま~す。
ありがとう。
MACK
2011年10月16日 11:06
着々とですね!!
ミニ旋盤作業は使えるなあ、と思いつつ、まったく必要に迫られません(^_^;)
真鍮ブロックもあるといいなあ、ですが、田舎のDIYにはありませんでした(--;)これも、必要に迫られてませんが…
もう色づき始めてるんですか、日本の長さを感じる季節ですね~千葉はまだまだです~
2011年10月16日 13:06
>MACKさん
あはは^^
そうですね~、あんまり必要に迫られる場面はないですよね、普通w
でも、楽しいですよ。

真鍮ブロックは重宝しますね。
まぁ、金属加工で主に使うんですけどね。
直角が出せて、しかも重いから角度合わせている最中に動いたりしないのでとても使い良いです。
あと重石がわりに使ったり^^;

紅葉そちらはまだですか~。
てか、こちらも落ち葉が目立ち始めた位だから、まだですよね。
日本は細いだけで長さは中国の海岸部くらいはありますからね~^^
2011年11月04日 00:05
こけしの模様を描く要領ですね。
でも、描くのと削るのとでは繊細さはどちらも必要ですが、ケガする可能性は、削る方がダンゼンな気がします。
目がチカチカしてきそうな細かな作業ですね。
2011年11月04日 11:13
>ひるまさん
ああ、そうか。
こけしって回して削るんでしたっけ?
色塗りも回すんですね。

まだ、ルーペは必要無いですが、目はチカチカしてきますね(笑)

この記事へのトラックバック