脚の制作~キャスター部分~

キャスター部分を作って行きたいと思います。
一部パーツをシリコンで型取りすると、前前前回の記事で書きました。
どのパーツのことかというと、
画像

これのことです。
初号機の時の写真です。
これに、車輪がついてキャスターになります。
画像


で、失敗しました(笑)
パーツがポキっと折れちゃって…(´・ω・`)
画像

おまけにシリコンも劣化していて、粘度が高くなっていました。
う~む、これは一から作りなおすしかないか…、ということに。

この部分は全体の重量がかかってくるパーツなので、どうせなら金属で作りたいところ。
でも、厚みがあるので、私が持っている0.3mmの真鍮板では、薄すぎますね。
ちなみに、このパーツの一番薄い部分でも0.7mmあります。
車輪と車輪の間は約1.2mm。
天板部も1.2mmくらいかな。
1.2mm厚の真鍮板を切り出すのはちょっとめんどいな。
ていうか、そんな厚みの真鍮板売ってるかな?
う~む、エッチングでパーツ切りだすんだったら、あまり厚いのは厳しい…。
なんて、いろいろ考えた結果、0.3mmを重ねてハンダ付けするのが楽かなと結論。

図で表すとこんな感じ。
画像

赤い部分と水色の部分は微妙に大きさが違ってきます。

ここを展開させてやると、
画像

こうなります。
溝になっているところが折り曲げるところ。

これから上から見た図を作ります。
画像

これを2組と天板部を2枚作れば、キャスター枠になるはず。
この図面からエッチング用のレジストを作画していきます。

いきなりですが完成したレジスト用の図面です。
画像

真ん中の白い線から上下反転コピーしています。
そして、片方には折り目部分を太い白線で塗りつぶしているのがわかると思います。
白いところはレジストのないところなので、この部分が融けます。
片方だけなので、半分しか融けないため溝の状態なります。
これは折り目を鋭角にするため、曲げる内側をヤスリで削るのと同じ効果があります。
あるはずです。
たぶん。

さっきの図で言いますと、
画像

ということですね。

さて、出来上がった図面をいつものように、レーザープリンターで印刷して、それを明かりに透かしながら、2つに折ります。
間に真鍮板を挟んでテープで固定。
ラミネーターに通して加熱します。
加熱することにより、カーボンが真鍮板に転写され、レジストが出来上がるわけですね。

では早速腐食液に投入。
画像

ちょっと途中の画像がありませんが、エッチング終了後に例の折り目から折ったところです。
画像

じゃあ、重ねてみましょう。
画像

おお、ちゃんと重なります^^
で、さらに、
画像

こうなって…、
画像

こうなります。
ちょっと向きを変えて。
画像

境目があまりきれいではないですが、まぁ遠目では許される範囲でしょうか?
車輪を付けてみたところ。
画像

まだまだ、改善すべきところは多々あるものの、作り方は確立されたと言っていいかな。

車輪はさすがに金属で作成は難しいなぁ。
真鍮と同じ色を塗装で出すのはちょっと難しい。
いっその事キャスター枠も塗装しようかな。
う~ん、これは一度車輪を塗装してみないとわからないですね~。
真鍮製の車輪…。
出来れば作りたいところですが…。

まぁ、今回はのくらいにしといてやるか(笑)

さて、雪まつり期間中に中島公園の中で密かに行われていた、「ゆきあかりin中島公園」の写真を少々。
画像

札幌コンサートホールキタラの前です。
画像

画像

キタラは去年の7月で15周年を迎え、その15周年のロゴをキャンドルで表現しています。
画像

画像

キタラにはレストランが併設されていて、ここの前にはちょっと電飾が飾られています。
画像

レストランの方が彫ったと思われる氷の彫刻。
画像

北の方に歩いて行くと、日本庭園があります。
ここもゆきあかりに参加していますね。
画像

画像

ここは本当に真っ暗な中に、道を照らすように蝋燭の灯が続いていてなかなか幻想的でした。

このキャンドルは雪に水をかけて凍らせたものではなく、水から凍らせたキャンドルなので透明で綺麗です。
画像

画像

画像

中島公園内はまだまだあちこちの施設でアイスキャンドルが設置されているのですが、あまりにも寒くて例によって手がかじかんでしまい、このへんで切り上げてしまいました^^;
今年の雪まつりは本当に寒かったなぁ~。
皆さんもぜひ見に来てくださいね~。

この記事へのコメント

MACK
2013年03月01日 05:06
一発成功とはさすが!
強度的にも最高ですね(^ ^)
2013年03月02日 11:43
>MACKさん
ありがとうございます。
見た目がちょっと美しくないので、改良の余地がありますね~^^;
強度的には問題ないです^^

この記事へのトラックバック