ヒンジの制作

どちらかと言うと、屋根の制作の中のひとつなのですが、別枠で書いてみます。

今回のヒンジは、大屋根とピアノ本体をつなぐ屋根ヒンジです。
画像

ちょっとわかりにくいですか?
いいが画像がなくて・・・。

いつものように、寸法をはかったらCADで描いてプリントアウトします。
画像

足のように伸びているのが、回転部です。
0.5mmの芯を包み込みます。
実はこのヒンジの造り方はこの方のブログを参考にしています。
http://y-a-nabe.blog.ocn.ne.jp/first/
watanabe's weblog」というブログです。
この方の技術はすごいです!
歯車のミニチュアなんかも自作してしまうという、すごい人です。

で、ヒンジの造り方をわかりやすく解説してあるので、造ってみました。

屋根ヒンジはCAD図面を見てのとおり、ちょっとデザインがおしゃれな感じです。
この図面を銅版に貼り付けます。
そのブログによると、銅のほうが真鍮よりやわらかくで加工しやすいのだそうです。
なので今回は銅版を使用します。

買ってきました。
画像

プリントアウトした図面をこの銅版に貼り付けます。
画像


何度も何度もデザインナイフでなぞっていきます。
曲線の部分は、何度かデザインナイフでなぞってやってから、金切りバサミでおおよそ切り出し、ヤスリで整形していくのがベストではないかと考えます。
画像

画像


切り出した画像です。
画像


もうひとつのほうも同様に切り出します。
画像


このふたつの足の部分を根元まで組み合わせ、両面テープで固定します。
軸になる0.5mmの真鍮線も置いて、テープで固定します。
画像

画像


それぞれの足をナイフなどで立てていきます。
画像


おおよそ軸に巻くような形になったら、ピンセットでえいっ、えいっ・・・と整形します。
画像


テープをはずし、両面テープから注意深くはずします。
うまく開閉すれば成功。
画像

画像

画像
成功のようです!!

これにもダボ用の穴を開けておきます。
テストで撮影前に作ったものも一緒に。
画像

画像


こんな感じで本体につけます。
わかりにくいかな?
画像


0.2mm厚とはいえ、金属を切り出すのは非常に大変でした。
カッターやデザインナイフの刃を何度か取り替えながらやないといけません。
はさみだと、細かいところを切りすぎたりしてむずかしいです。
少し余裕を持って切り出した後、ヤスリで削るのがやはり正解のようですね。

しかし、ヒンジがこんなに簡単に作れてしまうとは・・・。
”目からうろこ”とはこのことです。
世の中にはすごい人がいるもんだなぁ。
ありがとうございました。

"ヒンジの制作" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント