響板をつくるぞ

響板というのはフレームとボディの間に挟まれていると前回書きました。
実際にはボディ、この場合はリム(側板)と言いますが、この側板はアウターリム(外側の側板)とインナーリム(内側の側板)にわかれて、響板の形はインナーリムの外側の形になっています。
画像

このインナーリムの上に響板が載ります。
画像

響板の上面はまた塗装しておりません^^;
響板には駒と呼ばれる、弦の押さえと言いますか、説明しづらいのですが、各音階の弦の長さを決めるための枕木と言う感じでしょうか?そういうものがくっつきます。
画像

画像

この部分ですね。
グランドピアノを持っているかたは、わかると思います。
絶対にあなたのピアノにもついていますから(笑)
アップライトピアノの場合は、色々はずさないと見えないので、見たことないかもしれませんね。

弦の振動がこの駒を伝って、響板で増幅されあの大きな音になると言うわけです。
この響板ですが、実は裏側にこそ特徴があります。
これは先ほどの模型の裏側です。
プラ板でつくった原型と、原型からコピーして塗装したものです。
画像

斜めに棒状のものが幾つか並んでいますが、これは響棒と言います。
この響棒は端のほうが薄くなっています。
画像

わかりますでしょうか?
響棒は全部で17本あり、響棒と響棒の間の幅は場所によって異なります。
また長さは、17本あるすべての長さが違います。
薄い部分は実際には5mmほど。厚い部分は15mmほどです。
10分の1ですので、0.5mmと1.5mmになりますね。

作り方は0.5mmのプラ板を2mm強の幅に切り出します。
この0.5mmのプラ板に今度は1mmのプラ板を接着します。
厚い部分を測って長さを割り出します。
この厚い部分も17本すべて長さが違います^^;
接着したら薄い部分から滑らかに厚くなっていくように、パテで埋めていきます。
画像

できあがったら型を取ります。
駒は別に作るつもりなので、響板の上面はまっ平らです。なのでその部分の型は省略して響棒の側だけ。
画像

この状態にレジンを流し込んで放置し固まるのを待ちます。。
粘質の高い物を使うと表面張力が強いので盛り上がって厚くなりますので、ちょっと難しいです。

上面の塗装はまだですが、響棒側の塗装はできておりますので、次回にでも解説します。
って言っても、結構前に塗装したのであまり憶えてないんですよね^^;

"響板をつくるぞ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント