鍵盤をつくるぞ <壱>

10月に入って初めての更新となってしまいました。
ちょっと、仕事が立て込んでいたのを言い訳にしながら、更新をサボっていました(笑)

今回は鍵盤の制作です。
実はまだ完成してないので、途中までになるかもしれません。
こんな感じになりますよ~っていうのを書いていこうかなと思います。

まず鍵盤の実物についてです。
電子ピアノやシンセサイザーなどのキーボードは鍵盤の先、本体に隠れて見えない部分は数センチだと思います。
ところがピアノは見えている部分の3~4倍隠れた部分があります。
調律師さんがピアノの保守をしているときに、ちょっと写真を撮らせてもらいました。
画像

これを元に図面を起こします。
画像

色のついた部分は、外からは見えませんよね、普通は。
しかも、見てわかるとおり一直線ではないのです。

鍵盤部分と先の部分のちょうど中間くらいに、かまぼこみたいな板が鍵盤の下にあって、それが支点になり、鍵盤を押すと、先の部分が持ち上がることになります。
先の部分に何があるかと言うと、ダンパーと呼ばれる音をミュートする部分と、ハンマーと呼ばれるで弦をたたく仕組みの部分があります。
画像

画像

この実物大の模型は実は私の物ではありません。
年に数回仕事をご一緒する東京の調律師さんがいるのですが、その方にこのピアノ制作の話をしたところかなり興味を持っていただいて、「アクションの模型持っているから貸してあげる」といってわざわざ持ってきていただいたものです。
今月にまたいらっしゃらるので、このブログのことを話そうと思ってます。

上の2枚の写真ですが、PCに保存して画像ビューアーかなんかでこの2枚を連続表示するとどういう風に動くか良くわかりますよ。アニメーションみたいに。

左の上にある、横から見た傘のような形のものがダンパーです。
ダンパーがかぶさっている棒状のものは、弦の代わりですね。
鍵盤を押すとこのダンパーが上にあがって、弦から離れるのがわかりますね。
その瞬間にハンマーが下からつき上がり、弦をたたきます。
鍵盤を押さえている間は、音はなり続けていることになります。もちろん時間とともに減衰して最後には消えますが。
で、指を離すとダンパーが下りて弦の振動を止める→音が消えるわけです。

ハンマーの下になにやら色々ありますね~。
鍵盤自体の突き上げる力をハンマーが弦をたたく最良の力に調整するための機構です。
さらに、鍵盤のタッチを調整する部分でもあります。

以上、これらをひっくるめてアクションと言います。・・・たしか(笑)
ピアノの機構の説明になってしまいました^^;

さて、ご存知の通りピアノの鍵盤は88鍵あります。
しかも、実際に弾く部分の白鍵部には数種類の形があります。
黒鍵が白鍵の間にありますが、微妙に位置が違うため、黒鍵部分の切り欠き方が1オクターブ分すべて違います。
図面を実際に色分けしてみました。
画像

一番右側の鍵盤は黒鍵と隣接していません。なので欠けていませんね。
これは88鍵中この1鍵だけです。
音で言うと「ド」ですね。
その他の「ド」は黄色い鍵盤です。
鍵盤の種類だけで言うと、8種類あります。
で、さっきの1鍵をのぞく7種類で1オクターブ分ワンセットです。

う~む・・・。
この微妙な違いは10分の1にするとほとんど誤差の範囲になってしまいそうです。
なんとか楽に作る方法はないものか?
いろいろ考えました。

つづく

"鍵盤をつくるぞ <壱>" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント