ダンパーを作るぞ!

タイトルの通りダンパーを作ります。
ダンパーってなに?な人のために^^
画像

画像

弦の上に乗っている黒いつや出しの駒に白いフェルトがついたのがダンパーですね。
何をするものかというと、弦の振動を止める働きをします。
弦の下側から見た写真です。
画像

なかなか見れないアングルでしょう?
これはどういう写真かというと、調律師さんが鍵盤やハンマーなんかが載っているアクション部分を引き抜いて、作業しやすいように、別の机に載せて調整しているときに、すっぽりあいた空間にカメラを突っ込んで撮ったんです^^。
もちろん、調律師さんには許可をもらってますよ。
画像

鍵盤部分と言うか、アクション部分はこういう感じで引き抜くことが出来るんですよ。
画像

引き抜いたあとのピアノ本体。
画像

この中を撮ったんですね~。
で、ダンパーはと言うと、中から撮った写真の上のほうに並んでいる白いフェルト部分・・・。
これがダンパーの下部分ですね。
ちょっと拡大してみます。
画像

このフェルトは弦の振動を止めるためのものです。
で、足元のペダルを踏むことによって、このダンパーが上に押しあがりフェルト部分が弦から離れると、弦がず~っと振動しつづけることが出来る状態になるのです。
鍵盤を押してもダンパーは上がります。
ただしこの場合は、押した鍵盤のダンパーだけが上がるんですね。
しかも、押している間だけ。
残念ながら、私の模型ではこの部分は動きません・・・^^;
あしからず。

さて、どうやってこれを作るかといいますと、かなり悩んだ結果、一つ一つを個別に作るのではなく、全体を一本の塊として作った後薄切りにしていくという方法です。
しかも、まったく切り離す必要はないかなと思っております。

まずは全体の形を図面に起こします。って言っても寸法を測ったわけではなく、すでに作ったフレームを紙の上に置いて、スタインウェイの写真を見ながらその紙に手書きしていくというかなりアバウトな方法ですね^^;
画像

画像

そして、これをプラ板に貼り付けて、このとおりに切り出します。
画像

真ん中の盛り上がっている部分はおおよその幅で切り出したプラ板を先ほどのプラ板に貼り付けます。
まずは切り出し。
画像

ダンパーの側面の形は
画像

こんな形になってます。
基本的な形をまずつくります。
画像

こんな感じでくっつけるんですが、角はあらかじめ丸くしておきます。
定規の側面に両面テープでくっつけて削りやすくしてみましょう。
画像

幅の広いほうも同じように削って角を落としておきます。
流し込みタイプの接着剤で接着します。
画像

側面はこんな感じです。
画像

画像

細いプラ板と幅広のプラ板の接着したところを滑らかな曲線にするため、エポキシパテで埋めていきます。
画像

スパチュラにパテがくっつかないように水をちょんちょんとつけながら作業します。
画像

画像

ちょっとわかりにくいかな?
おおよそ盛り終わりました。
画像

全体的にへこみをいれます。
3mmの丸プラ棒をパテの部分に押し付けるんですけど、これもくっつかないようにメンソレータムをぬりぬりしてから押し付けます。
画像

画像

画像

この状態で、硬化するのを待ちます。
次回はこれをきれいに削り込んでいきます。
今回はちょっとジミ~な作業でしたね^^;
次回もたぶん似たようなジミさでしょう(笑)

さて、札幌はだんだん寒くなってきました。
街中もよく見ると紅葉が始まりかけています。
画像

もう2ヶ月でイルミネーションの季節ですね~。
はやいなぁ~1年が・・・^^;

"ダンパーを作るぞ!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント