弦のその後とダンパー製作

弦の張力でフレームが歪んでしまったため、ネジ穴を一つ分外に開けフレームを引っ張って固定することで、歪みを直すことにしました。
しかし、古いネジ穴を埋めてしまわないと、新しいネジ穴にテンションがかかると壁を突き破って、古いネジ穴まで引っ張られて来る可能性が大いにあります。
レジン自体がちょっと硬度が心もとないということもありますしね^^;

ここは面倒でも、一度大きく穴をあけて硬度が自慢のプラリペアを流し込みます。
途中の写真を撮ってませんでしたので、作業後の一枚。
画像

穴も開けてありますが、ちょっと見えづらいですね。

この新しいネジ穴にフレームを取り付けてみます。
まず、反対側の方からネジ止めしていきます。
当然、フレームのネジ穴と本体のネジ穴が合わなくなりますよね~。
ここは力技で強引に行きます。
画像

見ての通り、本体(前框=まえかまち)とフレーム端をヤットコでぎゅ~っと挟みこみ、フレームを伸ばした状態でネジを入れます。
バキッっと行きそうですが、意外と大丈夫みたい。

さてどんななったかというと…
画像

う~ん、完全なまっすぐとは言えませんが、妥協できるくらいには伸びたかなと思います。
ちなみに、前の状態と比べてみましょう。
画像

ずいぶん改善されているのがわかりますね~。
これ以上はちょっと無理なので、この辺で弦張りは完了とします。

さて次はダンパーですね~。
これはずいぶん前に全体的な形を作っています。
画像

詳しくは過去記事のダンパーを作るぞダンパーを作るぞ その2をどうぞ。

ダンパーは大まかに4っつに分けます。
ここまで出来ているので、実際のピアノから切断箇所を出すより、模型の方に当てながら切断していった方が速いですね。
ダンパーの実物写真を見ながら、ブロックに切断してみました。
画像

画像

この後、切れ込みを入れて鍵盤の数に分かれているように見せていきます。
それから、なんとかダンパーペダルに連動させたいなぁと思っているんですよね~。
つまり、3つのペダルのうち一番右のペダルを押すと、全部のダンパーが浮くようにするってことです^^
それには棚板にもちょっと細工を施さねばなりません。
果たしてそんな事が出来るんでしょうか?
まぁ、まずはダンパー本体を作りこまなくてなね(笑)

そうそう、話は変わりますが、猫の爪ってポロッと取れるんですね~(゜o゜;
画像

画像

で、その後にはきれいな色した鋭い新しい爪がすでに形成されているんです。
画像

面白いですね~。
この後早速爪切りで、尖った部分を切ってやりましたけどね(笑)
意外と大人しくしてるんですよね~、爪切りの時って。

うちのやまとは写真映りが悪く、あまりいい写真がないんですが、たまに撮れるめんこい写真を2枚ほど^^
画像

画像

黒いのでうまく写真撮るのがなかなか難しいんですよ(泣)
腕が無いだけですけどね~(;´∀`)

"弦のその後とダンパー製作" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント