ボディの複製を作っておこう

ずいぶんと模型から遠ざかっておりました^^;
久しぶりの模型です。

今回はレジンキャストです。
本体の複製をつくろうと思います。

今あるレジンはもう2~3年前に買ったものです。
画像

そろそろ水分含んでやばいんじゃないだろうか?ということで、ためしにボディを複製してみることにしました。
すぐに複製したボディを使うわけではないんで、しばらく放置して様子を見ます。
まぁ、もし水分含んでいたら、混ぜて固まるときにわかるらしいんですけどね。

まず、シリコンで作った型を久しぶりに引っぱり出します。
画像

でかっ!!
画像

こいつを合わせて、立てます。
石膏で補助しているので、簡単に自立します。
画像

で、クランプや輪ゴムで密着させます。
これも、石膏のおかげでクランプの一点だけに力が掛かるのではなく、全体的に押さえることが可能です。
とは言うものの、クランプは締めすぎないのがポイント。
シリコンなので潰れちゃいますからね。
そういう意味では、輪ゴムのほうが良いのかも^^
画像

あ、そうそう忘れてました。
シリコン型には離型剤を塗ります。
なくても大丈夫ですが、塗ったほうがスムーズに固まったレジンを取り出せます。
特にこの型の場合、異常に取り出しにくい作りになっているので(;^ω^)

それで、肝心のレジンです。
ポリウレタン樹脂ですね、正確には。
もう、注ぎ口は固まったB液のカスでガリガリです。
なんとか頑張って缶の蓋を開け、A液・B液ともに70gを別々の容器に注ぎます。
70gっていう数字は、まぁこんなもんかな?的なもので、おおよその数字です。
しかし、A液とB液の重さは正確に量る必要があります。
同じ体積ではなく、同じ重量です。
これを間違えると形成不良になるようです。
画像

70g量りました。
2つを混ぜます。
混ぜると1~2分で固まってくるので、時間はあまりありません。
写真をとっている時間もありません。
割り箸に伝わせながら注いていきます。
注ぎ終わった状態です。
画像

固まり始める前に、左右前後に大きく傾けたり、コンコンと机に軽く叩きつけたりします。
これは気泡をうまく注ぎ口や近くのエア抜き口に誘導する為です。
そうこうするうちに固まってきました。
透明だった液体は、白く変色しています。
固まってきた証拠です。
画像

こうなったらもうすっかり固まって取り出すまで、な~んにも手出しできません。
とりあえず放っておいて、余ったレジンを見てみましょう^^
画像

この状態のままにしておくと、
画像

こうなります。
画像

きれいに容器から外れるので、後始末は楽ですね(笑)

さて、1時間くらい放っておいたので、そろそろ型を割ってみましょう。
画像

結構苦労しました^^;
しかし、ここからシリコンに埋まったレジンを歪まないように取り出していかねばなりません。
画像

結構しっかり埋まっています^^;

数分の格闘後、なんとか取り出すことに成功。
画像

画像

注ぎ口の方を見てみると、
画像

あちゃ~、気泡ができてしまいました(´・ω・`)
もうちょっと前後に振ってやれば、この気泡は消せたものを・・・。
まぁ、しかしこれくらいはパテで埋めてやればなんてことありませんね。

かる~くバリを取ったら、寝かせておくのでじゃまにならない所に放置します(笑)
なぜ寝かせておくのかといいますと、若干のヒケが発生するであろうと思われるからです。
レジンは固体になってから痩せていくんですね~。
最初のほうが痩せ具合が激しいんじゃなかろうか?っていう、私の思い込みから、少し寝かせることにしているのです(笑)
あと、最初の目的どおり、この古いレジンがまだ使えるかどうかを見るためでもあります。
さてさて、はたしてどうでしょうかね?

そうそう、今回の記事の写真はCANON EOS60D で撮っております。
シリコン型のアップの写真はまだよくわからずに適当に弄って撮っていたため、ISOが6400になっておりました。
どおりで粗い写真だと思った(-_-;)
まだまだ未熟な私ですが、すこしずつまともな写真が撮れるよう頑張っていきたいと思います。
最後に、カメラ雑誌に載っている写真の設定数値を参考にして撮ってみた夜景です。
30秒間シャッター開けて撮って見ました。
画像

普段見ている風景とはまた違った絵になって、とても面白いですね~。
しかし、厳寒のなかの撮影は非常につらいものがありました・・・。
早く暖かくならないかなぁ~。

"ボディの複製を作っておこう" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント