チューニングピンその他いろいろ

やっと、チューニングピンを植える作業が終了しました。 最後の方はひたすら削り、まとめて植えていくという形をとりました。 やはりその方が効率が良いので^^; チューニングピンが完成したので、今度はフェルトを貼り付けたいと思います。 本物の画像です。 赤いのがフェルトですね。 そのまま薄いフェルトを買ってきて使う…
トラックバック:1
コメント:14

続きを読むread more

キャスター補修

この間壊れてしまったキャスター稼動部を補修しました。 これね・・・。 さて、どうしたものかと悩んだ結果、プラリペアをもう一度使うことにしました。 プラリペアとは、 武藤商事 PL-16 プラリペア ホワイト(V2226)でじたみん 楽天市場店 発売予定日発売中!メーカー武藤商事商品詳細プラリペアは、合成樹脂のパウ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

エッチングを試してみた

今回はちょっと進行上ひと休みして(いつもひと休みしてる^^;)、金属部分のエッチングパーツ化を模索してみました。 おもに大屋根と本体をつなぐヒンジの切り出しや、0.3mmの真鍮板などの切り出しをエッチングで行うと非常にきれいにしかも楽にできちゃうんじゃない?って思ったので^^ エッチングってなにさ?というと、溶かしたくない部分を…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

チューニングピンを植えるぞ その後

久しぶりの更新になってしまいました(いつものことですが^^;) チューニングピンを植えつける作業はまだ続いておりますが、どのくらいになったかご報告を。 まあ、なんとか半分はクリアしました。 あと105本分残っています。 あらためて数えてみたら全部で240本あるんですね~^^; 135本植えました。 あと、この2ブロッ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ダンパーを作るぞ その2

ダンパーの続きです。 完全に硬化したエポキシパテを紙やすりで削って成形していきます。 下のプラ板ときれいになじむようにヤスリます。 いいかな?ってところで一度グレーサーフェイサーをかけます。 そうすることによって、凹みなどがよくわかるんですね。 どうでしょう?凹みがわかりますでしょうか? これも埋めていきます。 ごく少…
トラックバック:1
コメント:14

続きを読むread more

ダンパーを作るぞ!

タイトルの通りダンパーを作ります。 ダンパーってなに?な人のために^^ 弦の上に乗っている黒いつや出しの駒に白いフェルトがついたのがダンパーですね。 何をするものかというと、弦の振動を止める働きをします。 弦の下側から見た写真です。 なかなか見れないアングルでしょう? これはどういう写真かというと、調律師さんが鍵…
トラックバック:1
コメント:15

続きを読むread more

ナットをつくるぞ その伍

そろそろナットを完成させます^^; ナットだけでいつまで引っ張るんだよ(怒)、という心の声が、またしても聴こえてきそうなので(笑) 最初に塗った銀色塗装を一度剥がし、サーフェイサーを吹きました。 乾いたところで黒ツヤ塗装をエアブラシで施します。 最初に銀塗装したように、ビンのふたに両面テープを貼り付けてそれにナットをくっつけ…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

ナットをつくるぞ その四

さて、魔法の粉を手に入れた私はその後制作をサボっておりました^^; 今回は銀色塗装をしたあとのナットに「こすって銀sun」(以下銀さん)をつけてみます。 まずは先のとがったルーターのビットをナットの裏に刺して作業をしやすくします。 銀さんを直接つけちゃいます。 で、付属の脱脂綿におっつけて磨いてやります。 ビッ…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

続・ダイビングに行ってきた

さて、続きです。 今回は美国周辺の絶景スポットをご紹介します。 あ、そうそう、「美国」とかいて「びくに」と読みます。 Googleマップで検索かけると、なぜかアメリカ大陸の地図が出てきます。 何でだろうと思ってたら、中国ではアメリカのことを美国と書くからなんですね。 中国の影響力が垣間見られた瞬間でした。 さて、昼休…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

ダイビングに行ってきた

北海道はやっと、涼やかな季節になってきました。 晴れると日差しはまだ暑いですが、空気は乾燥しているので木陰は涼しい^^ 昨日はなんと6年ぶりにダイビングに行ってきました。 今年の夏は暑かったので、水温がかなり高くまだまだ海中は暖かいんですね。 場所は積丹町美国の茶津というところ。 ダイビングとカヤックをする人のための施設を…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

ナットをつくるぞ その参

さて、ナットの続きです。 ミラーフィニッシュをやっと購入しました。 なかなか、買いに行くチャンスが無くて・・・。 これを小さく切ってナットにムニュッと貼り付けます。 リューターのビットで先のとがったものをナットの裏に刺して作業しやすくします。 ピンセットでかぶせます。 悪戦苦闘の末こんなんなってしまいました^…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

旭川で撮った写真

今年はめずらしくお盆のど真ん中にお墓参りが出来ました。 旭川が故郷なので、札幌から高速で1時間半くらいかけていってきました。 そのときに前から写真に撮りたいと思っていた風景を撮ってきました。 ちょっと時間が無くて、ロケーションを充分吟味できませんでした・・・^^; 今度行くときはきちんと時間をとって撮ってきたいと思います。 …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

メッキ風フィルムを試してみた

鏡のように映りこむ金や銀の表現は、塗装では出せません。 なので、塗装レベルで妥協するしかないのですが、妥協できない場合は塗装するものが金属などの電導性のものであればメッキを、そうでない素材の場合は蒸着という方法をとるしかないようです。 蒸着ってなに?という方もおられると思いますが、私も実はよく知らないんです(汗) まぁ、そういう方…
トラックバック:1
コメント:10

続きを読むread more

ナットをつくるぞ その弐

え~、5月の終わりに作ったナットを仕上げたいと思います^^; まぁ、いつまで放置してりゃ気が済むんだよ!!っていう、心の声が日増しに強くなってきましたので・・・(汗) 暑いのであまり細かい作業したくないんだもん・・・。 なので、夜中の涼しい時間にささっと塗装です。 ビンかなんかのふたに両面テープをはりその上にナットを並べてい…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

前屋根の接続

そろそろ、前屋根と大屋根をヒンジで接続してしまいたいと思います。 大屋根にはすでにヒンジを接着してあります。 結構前にくっつけちゃいました。 これに、前屋根をくっつけるんですけど、かなり慎重にやらないとせっかくの塗装が残念なことになりかねません。 でもきっと残念なことになるような気がしているのでした^^; 接着にはアロンア…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

響板表側塗装(仕上げ)

響板の塗装がほぼ終了しました。 木目をもう少し目立たないように、木目を薄くするのではなく、全体にちょっと色を濃くした塗料を吹き付けてみました。 わかりますかね・・・。 前回の響板記事で使ったカメラと違うのと、撮る条件によってぜんぜん違う色に見えちゃうからはたしてきちんと違いが伝わるかどうかわかりませんが、まぁまぁかなと。 フ…
トラックバック:1
コメント:18

続きを読むread more

タルタルの片手剣

以前に作ったタルタルフィギュアの武器が完成しました。 まずは、完成画像を^^ 左の腰にぶら下げている剣ですね。 前回はサフを吹いたところまででした。 その後、カタチが間違っていたので修正してさらにサフを吹いて今まで放置してました。 いい加減作らなきゃなぁと思い、塗装開始です。 まず、半光沢のブラックを全体に吹きます。 …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

響板表側塗装(木目)

響板の色がなかなかむずかしく、すっかりさぼってしまいました。 前回の下地塗りから、もう一層色を調合して塗ったんですが、どうもイメージと違うので、さらにホワイトをドバっと混ぜて試行錯誤した結果、まぁ許せる範囲かなという色に出来上がりました。 響板の木目自体もなかなか表現するのがむずかしい(私にしてみれば・・・ね)ので、今回はリアリティ…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

響板表側塗装(下地)

今回は長いこと放置していた、響板の表側(上側)の塗装に着手します。 響板ってなんだっけ?という方のために・・・ 最初の木目塗装の記事のとき、響板の裏側(下側)のみ木目塗装をしたのでした。 なんと去年の9月3日の記事です。 それ以来この響板は放置されていたのでした^^; 最近フレームをゴールド塗装したので、仮組みしたときに響…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

鍵盤&フレーム塗装

鍵盤を塗装してみました。 まずは黒鍵です。 板に両面テープを貼り、黒鍵を並べてエアブラシで吹きました。 塗料は半つやブラックです。 白鍵盤のほうにも塗装を施します。 あくまでも現段階では白いサーフレイサーなので、この上から光沢白を吹いてやります。 と言っても写真じゃわからないですね^^; 実は実際に見ても光…
トラックバック:0
コメント:25

続きを読むread more