テーマ:ピアノ

チューニングピンを植えるぞ その後

久しぶりの更新になってしまいました(いつものことですが^^;) チューニングピンを植えつける作業はまだ続いておりますが、どのくらいになったかご報告を。 まあ、なんとか半分はクリアしました。 あと105本分残っています。 あらためて数えてみたら全部で240本あるんですね~^^; 135本植えました。 あと、この2ブロッ…

続きを読むread more

ダンパーを作るぞ その2

ダンパーの続きです。 完全に硬化したエポキシパテを紙やすりで削って成形していきます。 下のプラ板ときれいになじむようにヤスリます。 いいかな?ってところで一度グレーサーフェイサーをかけます。 そうすることによって、凹みなどがよくわかるんですね。 どうでしょう?凹みがわかりますでしょうか? これも埋めていきます。 ごく少…

続きを読むread more

ダンパーを作るぞ!

タイトルの通りダンパーを作ります。 ダンパーってなに?な人のために^^ 弦の上に乗っている黒いつや出しの駒に白いフェルトがついたのがダンパーですね。 何をするものかというと、弦の振動を止める働きをします。 弦の下側から見た写真です。 なかなか見れないアングルでしょう? これはどういう写真かというと、調律師さんが鍵…

続きを読むread more

ナットをつくるぞ その伍

そろそろナットを完成させます^^; ナットだけでいつまで引っ張るんだよ(怒)、という心の声が、またしても聴こえてきそうなので(笑) 最初に塗った銀色塗装を一度剥がし、サーフェイサーを吹きました。 乾いたところで黒ツヤ塗装をエアブラシで施します。 最初に銀塗装したように、ビンのふたに両面テープを貼り付けてそれにナットをくっつけ…

続きを読むread more

ナットをつくるぞ その四

さて、魔法の粉を手に入れた私はその後制作をサボっておりました^^; 今回は銀色塗装をしたあとのナットに「こすって銀sun」(以下銀さん)をつけてみます。 まずは先のとがったルーターのビットをナットの裏に刺して作業をしやすくします。 銀さんを直接つけちゃいます。 で、付属の脱脂綿におっつけて磨いてやります。 ビッ…

続きを読むread more

ナットをつくるぞ その参

さて、ナットの続きです。 ミラーフィニッシュをやっと購入しました。 なかなか、買いに行くチャンスが無くて・・・。 これを小さく切ってナットにムニュッと貼り付けます。 リューターのビットで先のとがったものをナットの裏に刺して作業しやすくします。 ピンセットでかぶせます。 悪戦苦闘の末こんなんなってしまいました^…

続きを読むread more

メッキ風フィルムを試してみた

鏡のように映りこむ金や銀の表現は、塗装では出せません。 なので、塗装レベルで妥協するしかないのですが、妥協できない場合は塗装するものが金属などの電導性のものであればメッキを、そうでない素材の場合は蒸着という方法をとるしかないようです。 蒸着ってなに?という方もおられると思いますが、私も実はよく知らないんです(汗) まぁ、そういう方…

続きを読むread more

ナットをつくるぞ その弐

え~、5月の終わりに作ったナットを仕上げたいと思います^^; まぁ、いつまで放置してりゃ気が済むんだよ!!っていう、心の声が日増しに強くなってきましたので・・・(汗) 暑いのであまり細かい作業したくないんだもん・・・。 なので、夜中の涼しい時間にささっと塗装です。 ビンかなんかのふたに両面テープをはりその上にナットを並べてい…

続きを読むread more

前屋根の接続

そろそろ、前屋根と大屋根をヒンジで接続してしまいたいと思います。 大屋根にはすでにヒンジを接着してあります。 結構前にくっつけちゃいました。 これに、前屋根をくっつけるんですけど、かなり慎重にやらないとせっかくの塗装が残念なことになりかねません。 でもきっと残念なことになるような気がしているのでした^^; 接着にはアロンア…

続きを読むread more

響板表側塗装(仕上げ)

響板の塗装がほぼ終了しました。 木目をもう少し目立たないように、木目を薄くするのではなく、全体にちょっと色を濃くした塗料を吹き付けてみました。 わかりますかね・・・。 前回の響板記事で使ったカメラと違うのと、撮る条件によってぜんぜん違う色に見えちゃうからはたしてきちんと違いが伝わるかどうかわかりませんが、まぁまぁかなと。 フ…

続きを読むread more

響板表側塗装(木目)

響板の色がなかなかむずかしく、すっかりさぼってしまいました。 前回の下地塗りから、もう一層色を調合して塗ったんですが、どうもイメージと違うので、さらにホワイトをドバっと混ぜて試行錯誤した結果、まぁ許せる範囲かなという色に出来上がりました。 響板の木目自体もなかなか表現するのがむずかしい(私にしてみれば・・・ね)ので、今回はリアリティ…

続きを読むread more

響板表側塗装(下地)

今回は長いこと放置していた、響板の表側(上側)の塗装に着手します。 響板ってなんだっけ?という方のために・・・ 最初の木目塗装の記事のとき、響板の裏側(下側)のみ木目塗装をしたのでした。 なんと去年の9月3日の記事です。 それ以来この響板は放置されていたのでした^^; 最近フレームをゴールド塗装したので、仮組みしたときに響…

続きを読むread more

鍵盤&フレーム塗装

鍵盤を塗装してみました。 まずは黒鍵です。 板に両面テープを貼り、黒鍵を並べてエアブラシで吹きました。 塗料は半つやブラックです。 白鍵盤のほうにも塗装を施します。 あくまでも現段階では白いサーフレイサーなので、この上から光沢白を吹いてやります。 と言っても写真じゃわからないですね^^; 実は実際に見ても光…

続きを読むread more

ナットをつくるぞ

え~、久しぶりの更新です。 ちょっと、仕事が大変だったので更新できませんでした。 今回は、ピアノのフレームをボディーに固定しているボルトのあたまになるのか、ナットになるのかちょっとわかりませんが、6角形の部品を作ります。 まずは、実物を見てもらったほうが早いかな・・・。 全部で21個作ります。 約2mmですので、結構細かい…

続きを読むread more

鍵盤を作るぞ<伍>

え~と、とりあえず鍵盤にサーフェイサーを吹きました。 サーフェイサーを吹くと今まで見えなかった凹凸や気泡などが見えやすくなります。 ・・・ね? へこんでいる部分にはラッカーパテを盛って硬化させます。 で、全部にやすりをかけて表面を整えます。 これは、平らにヤスリ掛けできるようになっている「ヤスリ放題」という便利な商品で…

続きを読むread more

鍵盤を作るぞ!え~と四だっけ?

しばらく放置していた鍵盤作成を再開しました。 以前作った型からコピーを作りそれをひたすら増産して、88鍵盤作ってしまいます。 以前作った型と、コピーした鍵盤です。 この鍵盤を何度かコピーして、たくさん作ります。 で、いきなりコピ終了(笑) 隙間無く並べて、テープで固定してます。 実際にはこうならなければな…

続きを読むread more

約20年前のPC

さて、うちの押入れにずっと入っていたむかーしむかしのPCを引っ張り出してみました。 PCの名前はエプソンのPC-286VGです。 なぜ引っ張り出したかというと、20年くらい前にこのPCで作っていたシーケンスデータを、何とか今のPCに取り込みたいと思ったからです。 で、当時5万円くらい出してRCMーPC98というシーケンスソフト…

続きを読むread more

ペダルまわりをつくるぞ

棚板から下へ伸びるペダル部分が出来てくると、急にリアル感が増すような気がします。 出来上がりではありません。 仮組みしただけですので、接着はしておりません。 仮止めテープが一部剥がれております(汗) このペダルまわりは、以前に制作済みで、今回初めて組み込んでみました。 あれ?まだ黒くないところがあるよ?とお気づ…

続きを読むread more

鍵盤フタ一応完成

鍵盤フタのデカールが一応完成しました。 できは・・・、まあ妥協の産物です^^; デカールの境が見えますね^^; どうしても消せませんでした。 プリンターの黒と塗装の黒の違いもあるし、デカールの端のほうの荒れもあって、線状に見えています。 見る角度によっては見えないんですが、よく見るとわかります。 露出オーバーで撮って…

続きを読むread more

支柱を作るぞ!木目塗装再び・・・。

北海道は春まだ遠く、4月にならないと寒さは緩まないのでしょうか・・・。 今日は風が強くて、自作塗装ブースをもってしても外からの風を防ぐことが出来ません。 逆流してきます^^; なので、今日はエアブラシ&スプレーは使えません。 こんな日は筆塗りですね~^^ 木目塗装を久しぶりにやってみたいと思います。 木目塗装をするのは、…

続きを読むread more

鍵盤フタのデカールその後・・・。

おひさしぶりです。 鍵盤フタのデカールがどうなったか? 実は、まだできてません。 デカールを乾燥させた後、クリアを2度ほど吹きました。 クリアを吹くたびに、2~3日乾燥していたので、今回削りを入れます。 まずは、クリアを吹いた状態のフタです。 下地のゴールドがいい感じです。 でこぼこが出来てます。 これはデカール…

続きを読むread more

支柱をつくるぞ!その2

前回デカールの下地にゴールドを吹いたところで終わりました。 で、どうなったかと言うと、一回失敗しました(泣) デカールの端のほうが、荒れてしまってクリアではフォローできない状態になってしまいました^^; デカールを一度剥がして(きれいに剥がれてくれるので助かります)、もう一度チャレンジ。 いま、乾燥中です。 写真もなしですm(…

続きを読むread more

鍵盤フタふたたび

ちょっと間が空いてしまいましたね; 失敗しまくっていた鍵盤フタの黒塗装が完了しました。 そして、問題のデカール貼りです。 今回は、いつも使っているガイアノーツ製ではなく、A-ONE製の透明タイプのデカールを使おうと思います。 文字の部分は色なしで、周りを黒で印刷します。 下半分の字が白いでしょう? 台紙の色が透けて見…

続きを読むread more

自作塗装ブース3

さて、換気扇にダクトを取り付けるために、また買い物をしなければなりません。 ボウルですね。 100円ショップで購入しました。 このボウルにダクトをつけます。 ブースとダクトを接続したパーツの残り半分を、このボウルにつけるために、ボウルに穴を開けます。 パーツを置いてみてその周りをなぞって線を描きます。 あ、忘れて…

続きを読むread more

自作塗装ブース2

さて、自作塗装ブースの続きです。 半分空けた窓に、換気扇をつけるための工作です。 窓の高さは120cmです。 換気扇の幅+余裕分で45cmの板にしようと思います。 つまり、換気扇の付いた120cm×45cmの板を作ろうということです。 窓への取り付け方は、窓枠にサッシをはめ込むように、板を上から嵌めて溝に落とします。 動きは…

続きを読むread more

自作塗装ブース

さて、まずはデカールがその後どうなったのかですが、私の使っている自作デカールではうまくいかなかったので、「架空飛行機工場」のブログ主ジュンチーさんの使っている自作デカールを使って試してみました。 が、しかし残念ながら失敗いたしました(泣) う~む・・・、何が原因なのだろう? きれいには剥がれないで、点々と剥がれる感じです。…

続きを読むread more

デカール奮闘記

デカールに苦労してます・・・。 まぁ、見てください。 クリックして拡大したらわかると思いますが、デカールの輪郭が白く見えていますね~。 これは、ホワイトタイプデカールの側面が見えているんだと思うのです。 表面は黒く印刷しているので大丈夫なんですが、0.0何ミリとはいえ、厚みはあるので、これが見えているのではないかと・・・。 …

続きを読むread more

支柱をつくるぞ

支柱を作ります。 というか、1年位前にある程度作ってあったのですが^^; 途中で放置しておりました。 支柱とはなんぞや? と思われると思いますので、まずは現物を。 ピアノを下からのぞいた画像です。 向こうのほうから放射線上に4本の柱が伸びているのが、支柱です。 真下から見た図面です。 色の着いた4本の柱が…

続きを読むread more

屋根塗装のその後

前回の記事で、屋根の塗装を一度はがしたと書きました。 で、その後どうなったかというと、再塗装をしてクリアを吹きました。 完全乾燥をまって、2000番のペーパーで軽~く平らにしたあと、コンパウンドで全力研ぎ出しです(笑) 現在の画像です。 ちょっと手をかざして、鏡面の感じをわかりやすく・・・。 この後の作業としては、この…

続きを読むread more

なかなか進まず・・・。

かなり久しぶりの更新になってしまいました^^; やはり、12月はいろいろやることが多くて、精神的に余裕がありませんね~。 実は屋根の塗装をやり直しています。 掃除もせずに塗装を開始したため、埃がかなりついてしまい、ちとこのまま進めるのはきびしいなぁ・・・ということで、塗装をはがしました。 どうしても、多少はついてしまうのです…

続きを読むread more