響板表側塗装(仕上げ)

響板の塗装がほぼ終了しました。
木目をもう少し目立たないように、木目を薄くするのではなく、全体にちょっと色を濃くした塗料を吹き付けてみました。
画像

わかりますかね・・・。
前回の響板記事で使ったカメラと違うのと、撮る条件によってぜんぜん違う色に見えちゃうからはたしてきちんと違いが伝わるかどうかわかりませんが、まぁまぁかなと。
フレームを載せてみます。
画像

うん。
だいぶ、違和感がなくなりました。
この後、光沢クリアを吹いて磨き出しをします。
ぴっかぴかってほどではないんですが、実物もツヤを出していますので。
今回は、黒塗装ではないので2回クリアを吹きます。
多少削りすぎても目立たないので大丈夫^^
完全に乾いた後、ペーパーで平らにして、コンパウンドでツヤを出していきます。
いきなり完成画像~^^;
画像

なかなか良いツヤに見えます。
やはり、黒ツヤでないので楽です^^
多少のキズなんか目立たない。
フレームを載せてみます。
画像

画像

画像

まぁまぁかも^^
響板はこのあと、本体に接着するのですが、それはかなり後のほうになりそうです。
今接着しちゃうと、何かと作業しづらくなってしまうのでね^^;
そうそう、フレームのゴールドも少し色味を変えて見ました。
っていっても、これも実物と写真とではずいぶん違って見えるので、あまりわからないですね^^;

もうそろそろ、響板や本体の複製をレジンで作らなくてはと思っています。
レジンはやはりどうしても少しやせてきます。
ある程度やせたら落ち着くんじゃないかと思うので、そのために複製を作っておいて、少し放置しておきます。
すでにボディは2つ複製してあるんですけどね^^
1年くらいたってます。
2号機、3号機・・・になる予定。
画像

画像

シリコン自体も劣化してくるでしょうし、すこし作りだめしておこうかな・・・ってことです^^
といっても、短時間に何回も複製しているとそれはそれでシリコン型にゆがみが発生してしまうらしいので気をつけねばなりません。

さて、北海道もなんだか湿度が高くなってきました(汗)
本州の湿度に比べれば何ほどのものでも無いんでしょうが^^;

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2010年07月19日 07:28
すごーい、だいぶ進んだみたいですね
量産(?)の準備もしているんですねぇ
MACK
2010年07月19日 08:56
ぜひ、量産して、来年のWFで売りましょう、キットで!?、いや、完成品で…

じゃなくて、かなり 完成に近づいた感じですね

もうひといき!?
頑張ってください!

しかし、ピアノって複雑ですねぇ~
2010年07月19日 10:09
そう、響板って、艶っっ艶っっですよね、凄い艶、うわー、触ってみたい…(駄目だろ)
量産計画。並んだ所、見てみたいな~+*+*
2010年07月19日 22:38
こんばんは!
ワックスしたみたいやね♪
電気がキラってしてる。
毎回、ほんま凄いって事しか
ないですね!頑張ってね
2010年07月19日 23:13
こんばんは。
光沢がすごいですね。つやつやという感じです。
それにしても工数と手間がかかりますね。
ただただ、すごい。。。ですね。
ついつい何度も見に来てしまいます。^^
2010年07月20日 00:15
>ぐらんぱさん
それほどたくさんは作れないと思いますが、まぁ無理せず作り続けていければなぁ~って思ってます。
1台作るのにえらく時間がかかるので^^;
2010年07月20日 00:27
>MACKさん
ワンフェスですか^^;
販権交渉どことやるんだろう?
このスタインウェイは、ドイツのハンブルグスタインウェイなんですが、日本にもスタインウェイジャパンがあるので、そっちになるんですかね?(笑)
どっちにしろ、かなりもろい造りなので売り物にならんでしょう(汗)
大きな作り物はだいたい終わったかな。
あとは細かい部品の作りこみやら、ヒンジの取り付けです。
しかし、大きな壁が残っているんです・・・。
弦をどうするか?
どうしよう^^;
2010年07月20日 00:30
>雨月さん
触ってもまったく問題ないですよ~^^
本物のスタインウェイはやめたほうがいいと思いますけど^^;

そうそう、2台のピアノにして並べたいなぁと思ってます。
手前のピアノは屋根をはずしてね^^
あぁ、譜面台を作らなくちゃ・・・忘れてた(汗)
2010年07月20日 00:33
>こむたみさん
ああ、そうだ!ワックスだ(笑)
なんか見たことある感じだなぁって思ってたんですよ^^
フローリングの床にワックスかけた感じですね~^^
うちのマンションの床はそろそろワックスかけたいなぁ~って感じになってきてしまいました^^;
2010年07月20日 00:42
>たかじいさん
黒塗装のツヤ出しと違って、細かいアラが目立たないので結構アバウトでもつやつやに見えるんですよ^^

そうですね~、工数と手間は確かにかかりますね^^;
たまに振り返ってみると、かなりの部品数になっちゃいましたね~。
飽きっぽい私がよくまぁ続いたもんだと、我ながら驚いててしまいますね(笑)
いつも見に来ていただいてありがとうございますm(__)m
励みになります。
MACK
2010年07月21日 13:00
無版権で、こっそり~

冗談はさておき、2台目、本気なんですね!? すごい~

げん?、ピアノ線で!?

実物はどれくらいですか?

3ミリなら03ミリ、、素材はいろいろありますが、銀色なら、ほんとにピアノ線がオススメ、です、

釣糸とかはのびたり、切れたり面倒ですよ~

では頑張ってください!
2010年07月21日 23:45
艶がでてきましたね。
周りのものがしっかり写っていますよ。
鏡面のようであって、少し歪みが出るところに味があるんですよね。
2010年07月22日 18:26
>MACKさん
こっそり~は後が怖いですね~^^;
弦は0.8mmとかでしょうね多分。
なので、0.1mmを切る細さが欲しいところですが、私が見たことあるのは0.1mmが最細でした。
まっすぐではなくやはりくねくねしているので、テンションをかける必要があるのですが、100本以上あるので、レジンが曲がってしまう可能性があるんですよ^^;
ぴんっとまっすぐ棒状のものであれば、置くだけで良いのでテンションをかける必要ないんですけどね。
2010年07月22日 18:29
>ひるまさん
やばいもの映ってなかったかな(笑)
実物の響板は端の方が薄く、中央が少し膨らんでいるんだそうです。
そこまで再現しているわけではないですが、偶然そんな感じになっているような気がします(笑)
MACK
2010年07月23日 15:35
しつこくスミマセン

では01の金属線で~

テンションが必要な糸系はダメですねぇ

頑張ってください!
2010年07月24日 00:45
>MACKさん
なかなか、いい素材がね~^^;
むずかしいところです。
がんばります^^ノ
ありがとうです。
ゆーたん
2010年07月28日 17:12
すごく細かくできていてすばらしいです。
とっても欲しくなっちゃいますw
2010年07月28日 20:36
>ゆーたんさん
お褒めいただいてうれしいです^^
ありがとうございます。
自分にしては細かく作ったなぁ~っていう部分もあれば、相変わらず手抜きだなぁ~っていう部分もあり、技術が未熟なためあまり良い感じに出来なかった部分も多々あります。
しかし、すこしずつですがピアノらしくなってくるのを見てると、よくまぁ作ったな~自分には珍しく・・・と思ったりもしますね~(笑)

この記事へのトラックバック

  • レイバン メガネ

    Excerpt: 響板表側塗装(仕上げ) ピアノを作ろう!10分の1で/ウェブリブログ Weblog: レイバン メガネ racked: 2013-07-03 23:11