チューニングピンその他いろいろ

やっと、チューニングピンを植える作業が終了しました。
画像

画像

最後の方はひたすら削り、まとめて植えていくという形をとりました。
やはりその方が効率が良いので^^;

チューニングピンが完成したので、今度はフェルトを貼り付けたいと思います。
本物の画像です。
画像

赤いのがフェルトですね。
そのまま薄いフェルトを買ってきて使うのもどうかなぁっと思いましたが、なかなかいい素材が無かったので、やはりフェルトを使うことにしました。
暑さ1mmのものが最薄だったので、これを使います。
画像

これは裏がシールになっていて、そのまま貼り付けられます。
しかし、いくらなんでも1mmは厚過ぎるので、せめて半分にしたいところです。
なんの小細工なしにカッターで半分にスライスします。
あ、でも使う分だけね^^
画像

急がずゆっくりと刃を滑らせていかないと、どっちかが薄くなったりするので注意が必要です。
が、意外ときれいに半分になるもんですね~^^
ちょっとケバケバになって厚みが出てしまってますので、ここはアイロンでペッタンコにします。
画像

スチームもONです。
画像

結構薄くなりましたね^^
さて、形ですが以外にアールが難しいのでいつものように、写真からCADで図面を起こします。
しかし、上面に図面を貼る訳にはいかないので、CAD上で図面を反転させてからプリントします。
画像

そのプリントをフェルトの裏面の台紙に貼ります。
画像

こうすれば、図面のとおりに切ると上から見たら実物どおりに切り抜けます。
画像

実際に貼り付けてみました。
画像

画像

それっぽく見えるようになりましたが、ちょっとエッジがボケてるというか、角があやふやになってしまってるような気がします。
フェルトって、薄くするとすぐに解けるというかバラバラになるというか、あまり結束が強くないんですね~^^;
スライスしたもう半分は指でつまんだだけでほどけるため、使えません^^;
貼ったほうは裏にシール部分があるためまだ大丈夫ですが、ちょっと心配です。
なんかいい方法ないかなぁ・・・。
ワイシャツのクリーニングで使うのりなんかどうなんでしょうね?
ちょっとためしてみようかな^^

さて、エッチングによって作ったヒンジですが、三つとも組んでみました。
画像

厚さが0.3mmです。
エッチング以外の方法だと、弓ノコで引かないと切断するのはつらい厚さです。
ニッパーでパッチンパッチン切っていくには無理がありますね。
でも、0.3mmあるとゆがみや折れがなく、見た目も立体感がでて実物に近い存在感になるので、できればこの厚みで行きたいところですね。
うむ。

札幌は雪が降ってます。
積もってます。
もしかしたら、もう一回溶けるかも知れません。
根雪になるかどうかは、降雪量よりは気温ですね。
画像

そろそろ冬道の運転を思い出さないと・・・。
画像

この写真は中島公園にある豊平館です。
明治天皇もご宿泊されたという由緒ある建物です。
現在は結婚式場などで利用できます。
国指定重要文化財になってるんですね~。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2010年11月29日 23:06
雪が降り始めて“もう”なのか“やっと”なのか?今年の季節は不可解極まりないです。
それにしても寒そう。
京都も朝は冷えますが、まだまだ甘いと感じます。
ピアノのパーツ、知らない箇所が多いですね。
2010年11月30日 10:11
>ひるまさん
11月に雪が降ることは良くあることなんですが、これが根雪になるとしたら、早いですね。
と言っても1~2週間くらいですけどね。
北海道は暖房がどの家も完備されているので、家の中はあったかいです。
かえって北海道の人間が本州の冬を体験すると寒いと言いますね(笑)
京都の冬は寒そうな印象を受けます。
盆地だからでしょうかね?
北海道で言えば旭川が盆地です。
寒いですよ旭川は(笑)
同じ北海道に住んでいても、寒いと思いますもん^^;
2010年11月30日 11:19
植毛、お疲れ様でした( ^^) _旦~~
こうやってみると、本当にすごい数ですねー
う~ん。フエルト・・・むずかしいですね~^^;
ちょっと考えてみましたが私の頭では思いつきません。
ヒントになるかどうか・・?普通羊毛フエルトなんかはせっけん水でこすると結束しますが・・。あと、専用針でぶつぶつ刺すとくっついてくれます。
でも、らんぞーさんのミリ単位の世界で通用するとは思えず(+o+) 
結局、役立たずですねぇ~~~(笑)
2010年11月30日 12:13
>remaさん
やはり、毎日毎日というのは私の性格上無理でしたね^^;
夏休みの宿題のように追い詰められてからまとめてやると言うのがデフォのようです。

石鹸水でこするんですか?
固形石鹸?
へぇ~、やってみよう。
毛が丸まって絡み合うんでしょうかね。

やはり、その素材ごとにそれぞれやり方と言うか、セオリーみたいなものがあるんでしょうね。
金属加工にも素材を考慮した考え方や手順があるし、レジンにもその性質を考慮に入れたやり方があるものね。
フエルトをすこし調べてみるべきですな^^
どうも、ありがとうございます。
2010年12月01日 00:00
植え付けおめでとう♪
根気がボチボチでも凄いです!
フェルトでこの前、クリスマスリース
飾り作ったけど、薄くしたりする事は
全く脳みそにない私で感動ですね。今度
マネてやってみたいです♪アイロンね!
雪多いねービックリです!白の世界やね
大阪にはありえない景色かな・・車とか
運転に気を付けてね。まぁー慣れてはる
と思うけど。
2010年12月01日 09:35
本物のチューニングピンの写真とらんぞーさんが
作ってられるチューニングピンがどちらか分かり
ませんでした。( ̄0 ̄)/ オォー!!
今や人間でも自毛植毛と言うのがありますが、この
植毛も負けず劣らず大変でしたでしょう。
それにしても、見事な出来栄え。

もうそちらはすっかり冬ですね!
これからアスファルトの道路がずっと、見えなくなる
長い冬なんですね。
スキーでは雪国に憧れましたが、生活するにはやはり
ご苦労が多いことでしょうね~。
2010年12月01日 18:13
>こむたみさん
ふつう、わざわざ薄くしたりしないものね^^;
フェルトといえばピアノに使われているものしか思いつかなかったんですが、よく考えてみると手芸コーナーにおいてあるので、そういう使われ方してるんですよね^^;
今日はちょっと暖かかったので、路面の雪は融けました。
しかし、気をつけなければならないのは夜です。
昼間融けた雪が夜の冷こみで凍って、アイスバーンになるんですね~。
なにしろ、氷なのでよく滑ります。
しかも、所々だったりするので非常に危険ですね。
慣れているものの、ヒヤッとすることが結構あるんですよ。
2010年12月01日 18:28
>kanさん
お褒め頂きありがとうございます^^
とてもうれしいです。
全部同じに作ればよいので鍵盤よりは楽でした^^
でも、洋白線の先端を削るときに、肉眼では形状をきちんと認識できなくて、削り具合もこんなもんだろー的な感じで仕上げてきたので、ルーペかなんかで見ると、ありゃりゃ…ってなるかもです^^;
まぁ、私と同じ年代からそれ以上だと似たようなもんでしょうからばれないかな(笑)

都市部はもう一回くらい融けるかもしれませんが、山間部はもう根雪でしょうね。
山はもう数週間前から白いですよ^^

北海道の冬は雪かきがめんどうです。
私はマンションなので雪かきはしなくてすんでますけどね^^
楽ちんです。
2010年12月01日 23:37
見事な「おつとめ」(笑)お疲れさまでございました。
これでお百度参りと同じで願い事もかなうと思います。
それにしても、フェルトまで使われるとは、すごい!

雪道ですが、どうかお気をつけて。私はお客様の所に行く途中、後輪がすべって、最後、スピンしてしまいましたから。その時、ラジオで流れていた「なまずでポルカ」という歌は忘れません^^
2010年12月02日 00:31
>たかじいさん
あまりまじめに「おつとめ」しませんでしたけどね(笑)
フェルトの部分にそのままフェルトではあまり芸がないかなぁ・・・なんて思いましたが、なかなかいい素材が見つからず、まぁあまり意地を張らずにいこう^^ってことでフェルトを使うことにしたんですね。
でも、ぱっと見やはりフェルト感がそのままなので、良かったかもです^^

しかもそのシチュエーションで「なまずでポルカ」って、どんな曲ですか(笑)
笑っちゃいましたw
MACK
2010年12月04日 01:19
マイクロピン削り、植ピンお疲れ様でした~

いろいろな素材、まさにマルチマテリアル…フェルトにはフェルト…スケール感とか…いろいろたいへん~

でもなんか、楽しそうな♪

2010年12月04日 10:41
>MACKさん
ありがとうです^^
反動なのかどうかわかりませんが、この記事書いてからな~んにも進んでません^^;
次に何したら良いのか迷ってる状態です(笑)
よくあるんですけどね、私の場合^^;

いろいろ手を出していますが、それぞれに精通しているわけではないので、その道の専門家のブログを参照するのは欠かせませんね。
インターネットがここまで普及していなければ途中で挫折していたかもしれません^^
2010年12月06日 23:05
フェルト半分にするなんて、初めて見ましたっっ!!
こ、細かいっっっ!!
「シート羊毛フェルケット」という、自分で手作りフェルトが作れるのがあるのですよ。もうコレは自分で好きな薄さに作るってのはどうでしょう(凄い手間、いや、らんぞー様のやられているのに比べたら、楽勝…だと)
2010年12月07日 01:13
>雨月さん
興味深い情報ありがとうございますm(__)m
ハマナカ株式会社さんの動画見ましたよ^^
なんと、こうやってフェルトってできるんですね~。
知りませんでした^^;

縦横にうす~く重ねていけば、薄いフェルトができるんでしょうかね^^
なかなか、コツがいりそうな作業ですね。
手芸の世界も奥が深いですね~。
いろんな素材があってね~^^

この記事へのトラックバック

  • フェラガモ 店舗

    Excerpt: チューニングピンその他いろいろ ピアノを作ろう!10分の1で/ウェブリブログ Weblog: フェラガモ 店舗 racked: 2013-07-03 06:58