撒き餌レンズに食いついてみた

CANONのカメラには撒き餌レンズと言われるレンズがあります。
なんと、1万円を切るお値段でばっちりボケが効くという超お買い得なレンズです。
なんで撒き餌レンズと言われているかというと、買いやすい値段でありながらレンズの効果がよくわかるので、それだったらもっと高いレンズを使うとどうなっちゃうの~?!ということで、高価なレンズに手を出してしまうという、底なし沼のような危険なものだからだそうです。
そんなレンズをとうとう買ってしまいました。

その名は「EF50mm F1.8 II」
ヨドバシカメラで9300円也。
ネットでは9000円を切っていますね~。

画像

f1.8の明るいレンズです。
このレンズで自身の箱を撮ってみました。
画像

めっちゃボケます^^

ファインダーを覗いて見た感じは、肉眼での大きさよりやや大きいくらいです。
思ったよりズームな感じですね。
FZ-38を被写体に撮ってみました。
画像

かなり寄っているように見えますでしょ?
でも60センチくらい離れているんですね~。

そして、とっても被写界深度が浅いです。
これはスパゲッティの五右衛門で。
画像

美味しかったです^^

このレンズを持って北海道神宮へ行って参りました。
画像

この画像はいつものレンズでした^^;↑



画像

画像

画像

画像

画像

中で何かやっているようなので、ズームレンズに交換して撮ってみました。

何でしょうね?
祝詞を上げているようです。
七五三かな?
画像

巫女さんが踊ってる。
画像



帰りがけに見た、お揃いのTシャツの団体さん^^
画像


この日はとっても天気が良かったので、写真撮るのが楽しかったです。
EF50mm F1.8 IIは明るいレンズですので、室内撮りでも重宝しますね。

通称「撒き餌レンズ」ことEF50mm F1.8 IIのご紹介でした(^_^)v

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2012年06月24日 08:43
私もこのレンズ買いました
APS-Cサイズの一眼では中望遠になるのでちょっと使いずらいですね、特に明るさを活かせる室内でフルサイズ90mm相当ってどうなのって感じです、それと接写が苦しいし、ボケ味もどうなんでしょうか、などと不満を感じだすといつのまにかレンズ沼どっぷりはまりそうです
2012年06月24日 11:10
>ぐらんぱさん
そうでしたよね、ぐらんぱさんの記事読みました^^
確かに室内で「みんなで写ろう!」なんて使い方はできないですね^^;
接写も諦めですね。
もうちょっと近くから撮れると楽ですよね~。
屋外でポートレート写真だと、それっぽい写真撮れそうです。
ボケ味はまだ気になっていないので、沼にはハマっていないと思われます^^;
とりあえずは、まだ…。
2012年06月26日 14:34
キャノンの50mm F1.8って、そんなに値段が安く
買えるんですね~。
でも買ってどうですか?
本当に楽しいレンズですよね!
らんぞーさんを深い沼にご招待します!!笑
私は必死に沼から逃げ切って生きておりますが^^

北海道神宮ってお宮もあるのですねぇ!
伊勢神宮を想わせる素晴らしいお宮ですね。
2012年06月26日 23:49
>kanさん
ネットだと8000円台であるようですね。
材質がプラスチックそのものなので、安っぽい感じということなんですが、私はあまり気にならないです^^
まだ沼には、くるぶしくらいしか足を踏み入れていないと思うんですが…(・・;)
気をつけないと、沼の先の方に浮いてるマクロレンズが話しかけてきそうです。
やばいやばい(笑)
北海道神宮は最初は札幌神社だったんですが、後に明治天皇を増祀して神宮になったんだそうです。
伊勢神宮行ってみたいですね~。

この記事へのトラックバック