型を作るぞ

今回は型取りです。
いずれ解説しますと最初のほうでえらそうに言ってしまったので、たいしたスキルがあるわけではありませんが解説していこうと思います。

使うのはシリコンです。
画像

ヨドバシカメラのホビーコーナーに売っているものです。
値段がお手ごろで、これしか使ったことがないので良いのか悪いのかはちょっとわかりません^^;

細かい部品群をコピーしていきたいと思います。
画像

画像

このように2つのグループに分けて作ります。

まずは長いほうの部品グループ。
上の画像のようにレイアウトを考え実際においておきます。
最近は型取り用に、ブロックが販売されていてこれでさまざまな大きさの原型に合わせて、枠を作ります。
レジンを流し込むので、その流れを頭の中でシミュレートします。
今回は、センターに一番長い部品を配置して、これを流し込みのパーツにします。
ここからレジンを流し込みほかの部品の下から上に空気を逃がしながら満たしていくという感じです。

レイアウトが決まったら、一度よけてブロックの中に油粘土を詰めていきます。
私はブロックの下に、アクリル板を敷いています。
アクリル板でなくてもいいのですが、途中で移動したいときなんかにアクリルごと運べますので。
画像

画像

この上に、先ほど考えたように部品を配置していきます。
画像

部品は、半分埋めて半分出すような感じですね。
形が複雑になってくると、また話は違ってきますが。

筆の柄の部分で穴を開けていきます。
画像

空気の逃げ道も作っておきます。
作り終えたプラモデルのランナーなどを利用してもいいですね。
画像


さて、シリコンですが重さを量って、それによって硬化剤の分量を決めます。
今回の部品は厚みがあまりないのでこれくらいであれば、片側400gくらいかなぁ~。
私の使っている秤と混ぜるのに使用するボールとしゃもじです。
最近のイボイボつきのしゃもじではありません。
画像

ボールを乗せた状態で、針を0に合わせます。
シリコンに一緒についてきたスポイトは、硬化剤を1g量るためのメモリがついています。
シリコンと硬化剤の比率は100対4です。
まず、200gのシリコンで全体を覆います。

200gをボールにいれ8gの硬化剤を混ぜます。
画像

気泡が入らないように混ぜられればベストですが、まあ無理なのでがんがん混ぜます。
で、まずは全体を覆うようにシリコン投入。
あ、そうそう。この粘土の上に離型材を塗っておくと、あとではがすときにガボンとはがれます。
今回は忘れました^^;
画像

これで、この日の作業は終了です。
寝る前にここまでやっておけば、朝起きたら固まっています。

次に、いらなくなった古いシリコン型をブロック上に切り刻み、ダボを作ります。
初めて型取りに挑戦する方は、当然ながらいらなくなったシリコン型なんかありませんね・・・。

このダボを固まったシリコンの上に並べていきます。
画像

画像

並べ終えたら、また200gのシリコンに硬化剤を混ぜてシリコンブロックの間に流していきます。
画像

いい忘れておりましたが、流し込むときは少し高いところから垂らすように流し込むと、細くなって中の気泡がやぶれ、少なくすることができます。
あまり悠長にはやっていられませんが・・・。
季節によって同じ硬化剤の量でも、固まる時間が変化します。
やはり夏は早いですね。
多少量を調整するのも手ですね。

ダボがシリコンに浸りました。
このまま6~7時間待ちます。
画像

さて、この次でダボの役割を解説していきます。

"型を作るぞ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント