後回しにしていたパーツを作るぞ!

アグラフというパーツが技術的に作成できないため、一部フレームパーツ(渡りパーツ)がダンパーにあたってしまうという困った自体が発生しました。
…が、アグラフの代わりにフレームと弦の間にプラ棒を挟み込むことで、弦を押し下げることができ、フレームの渡りパーツにあたってしまうのを防げるということがわかりました。
押し下げていたプラ棒をゴールドに塗装し、ついでに弦をなるべく間隔を同じくするように細工をしてみました。
プラ棒をクシのようにして、弦をすくというイメージでしょうか?
画像

このように作ったパーツをフレームと弦の間に挟み込みます。
画像

それほどフレームにテンションを掛けなくても、多少まっすぐになったような感じがします。
まぁ、フレームと弦の間にプラ棒を入れたので、その分のテンションはかかってますけどね。
画像


ステンレスの弦にもプラ棒をはさんでちょっと押しさげ、それによりテンションがかかることによって弦のヨレヨレが改善されました^^
これ以上のヨレヨレ改善はフレーム自体の材質を変えないことにはちょっと無理でしょうね。

次に、まだ作っていなかった細かいパーツを作っちゃいます。
それほど複雑なものではなく、四角形の単純な形です。

木目塗装した支柱を覚えておいででしょうか?
支柱を作るぞ!木目塗装再び…を御覧くださいませ。
実はこれに2つほど小さい四角形のブロックがくっつくんですが、すっかり後回しにしてしまいました。
画像

赤い丸で囲った部分です。
これは一体何かと云いますと、このパーツの上には金属の棒が刺さっていまして、それは響板を上に突き抜けフレームの上にまで到達してきます。
その金属の棒の先にはいつぞやの朝顔の花のようなラッパのようなパーツが付きます。
弦を張るぞぅ!3で取り上げております。

作り方は単純です。
このパーツのサイズは実寸でおおよそ4㎝×8.5㎝×13.5㎝です。
10分の1にすると㎝がmmに変わるだけです。
手元にあるのは2mm角のプラ棒なので、13.5mmに切ったものを8本用意します。
これを2×4列接着して、4mm×8mm×13.5mmの四角ブロックを作ります。
本当は約8.5mmなんですけど、とくに8mmでも問題はないので8mmにします^^;
画像

できたら、溶きパテで表面を均してサフを吹きます。
画像

あとは支柱の塗装と同じです。
木目を筆で描いてやります。
画像

画像

画像

これを支柱の側面に接着して完了です。
接着する位置を出して瞬間接着剤で接着~^^
画像

画像

画像

いやぁ~、ずっと作らなきゃって思っていながら後回しにしていたので、すっきりしました(笑)
明るい所でよ~く見ると、若干色味が違ってますが、本物もなんかちょっと違う(使う木の部位による違い)ので、これでいいかなぁと思います^^;

さて、いよいよ残るはフレームのデカールと塗装しかけのナットのみです。
これが終われば、なんと「完成」なのです!!
どこも壊れなければ^^;
いや、イスは?とか、台座は?とかはまぁ、その、あれですが…。
まずは本体を完成させなきゃね~。
次回で完成なるか!?
乞うご期待!!!

話は変わって、札幌はもう秋まっただ中で紅葉が始まっております。
落ち葉が凄いです。
ちょっと写真撮って来ましたので、見て行ってくださいませ。
画像

画像

場所は中島公園です。
この公園の隣に渡辺淳一文学館があるんですよ。
「失楽園」の作者です。
画像

画像

画像

3日ほど前の写真ですが、空がとても青くて高くて綺麗でしたね。
画像

画像

まだ、緑が残っていて濃淡がとても良い感じです。
真っ赤になった紅葉もいいけれど、色の変わり始めも好きですね~^^

"後回しにしていたパーツを作るぞ!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント